留学ナシでも英語がぺらぺらになる秘密をすべて紹介しています。

なぜ日本人は英語が苦手なのか?

日本人の英語に対する必要性と憧れは非常に強いものです。

しかしそれにも関わらず、多くの日本人が英語を思うように話せないのが現実です。

学校でも長い年月をかけて英語を学びますし、また英会話の専門学校や書籍・教材などもたくさんありますが、それでも英語が苦手な人が多いのは不思議なことです。

そもそも、日本人は「英語が苦手な国民」なのでしょうか?

英語をマスターし、世界で活躍している人たちなどの話を元に、日本人と英語について解説してみました。

日本人は英語が苦手なの?

学校において長年英語教育を受けている私たち日本人の多くが、「英語が苦手」と感じるのは不思議なことです。

日本ほど経済力のない発展途上国や新興国の人たちでも、日本よりも遥かに低い教育水準でありながらも、日本人よりも英語が堪能な国はいくらでもあるからです。

欧米文化が英語力を低下させている?

一説によると、日本は早くから欧米文化が入ってきて、日本語の中に「カタカナ英語」と呼ばれる言語文化があることが、英語の習得を遅らせる原因だとも言われています。

コップ・ポケット・ライター・ガラス・テレビ・・・など、カタカナ英語は数え上げればキリがありませんよね?

これらカタカナ英語はネイティブのものと比べると発音が著しく違います。

カタカナ英語をいくら知っていても英語が話せることにならないのは当然です。

また、「和製英語」と呼ばれる、単語そのものが日本で作られた”英語風の言葉”も混在し、さらに状況を悪くしています。

こういったカタカナ英語や和製英語に触れていることで、英語を話すネイティブの声を聞くと錯覚を起こしてしまうのです。

また、英会話を学ぶときに、いちいち正しい英語に置き換えなくてはならないために脳が混乱し、全く初めて聞く言葉よりも記憶することが難しくなります。

アジアの中では、日本と同様に欧米文化が流入している韓国もまた、順分な英語教育のベースがあるにも関わらず英語の苦手な人が多いのだそうです。

日本人が英語ではなく、ラテン語やアラブ語など、あまり馴染みのない言語を学習すると、英語よりも早く上達していくことが分かっています。

中途半端に生活の中にある「英語風の言葉」が、英会話上達の障害になっているというのは、皮肉なことですね。

英語教材はすべて無駄なの?

日本には学校の英語授業だけではなく、英会話教室や英語入門書籍、またCDの音声教材・通信教育タイプの教材など、ありとあらゆるタイプの英語教材があります。

世界を見渡しても、これほど英語教材が充実している国はありません。

それにも関わらず、英語が苦手な人が多いと「英語教材はすべて無駄なのか?」と思ってしまいますよね?

たしかに、販売されている英語教材の内容を見てみると、内容に乏しいものが目立ちます。

しかし中には、継続すると効果のあるものもちゃんとあるのです。

英語教材を購入し、英語をマスターしている人も少なからずいるので、”すべての教材が無駄”というわけではありません。

ただ、間違った教え方をする教材があまりにも多いため、逆に正しい教材を見つける前に「英語教材はダメだ!」と勘違いした結論を出してしまうのです。

人は、一度苦手意識を持ってしまうと、それがコンプレックスとなり、より一層悪い結果を招きます。

ちゃんと勉強をしたのに「ネイティブに通用しなかった」という経験をすることで、英語に対する恐怖心が生まれ、英会話がさらに遠のいてしまうのです。

英会話教室に通わなくても英語は喋れるようになる

英語の勉強法として比較的確実性の高いものに「英会話教室」「留学」があります。

しかしこれらの学習法は料金も高く、なによりも時間の都合をつけるのが難しいために、忙しい社会人や学生では利用できないケースも多いはずです。

だからといって英会話の学習を諦めてしまう人もいますが、これはもったいないことです。

正しい教材を使って英会話をマスターした人は数え切れないほどいます。

問題は、”内容のいいかげんな英会話教材に騙されないこと”が大切なのです。

まとめ

いくつかの要素が重なり、日本人に英語に英語が苦手な人が多いのは事実です。

しかし、適切な英語学習ができる教材に出会うことができれば、苦手意識を克服し、ネイティブとも会話をすることが可能なのです。

川中 昌彦 by
当サイト管理者の川中と申します。私はずっと勉強を続けてきたのに、全く英語を話すことができませんでした。しかし、教材を「英語ぺらぺら君」に変えたおかげで、今ではネイティブ並みの英会話力に!あなたも一緒にチャレンジしてみませんか?