留学ナシでも英語がぺらぺらになる秘密をすべて紹介しています。

英語が喋れる学習・喋れない学習の違い

学校で習う英語をしっかりと勉強していたり、または独自で英語を勉強している人がたくさんおられるはずです。

しかし、そういった人が外国に旅行に行ったり、ネイティブの人に話しかけられたときに、自分の英語が全く通用せずショックを受けたことがあるはずです。

日本には英語の文化が深く根付き、親しみのあるものであるにも関わらず、こういった現象が起きるのはすべて「英語学習の方法」に問題があるのです。

日本人が取り組む英語学習には、様々な方法とタイプがあります。

それらの中には「喋れる学習」「喋れない学習」とがあるのです。

すべての英語学習法が同じではない?

日本人にとって英語能力は様々な場面で役立ちます。

英語ができれば就職に有利になりますし、あふれる海外の文化をより深く知ることにもつながります。

とくに最近のように日本の経済がグローバル化した現状では、英語の能力は非常に役に立つのです。

こういった現状から、学校でも英語は必修教科になっていますし、民間の英会話教室や書籍・教材の類も選ぶのに苦労するくらいに多くのものが存在しています。

しかし、日本にあふれている様々な英語学習法は、すべてが同じものではありません。

また、英語の活用先によっても学習方法を変える必要があるのです。

翻訳に特化した学習法

英文を日本語に、またはその逆に置き換える「翻訳」は、英語を使う職業の中でも有名なものです。

翻訳の仕事は非常に需要も多く、英語を使う職業の中でも人気があります。

この”翻訳”に特化したものが、日本の学校で教える英語学習法だといえます。

翻訳には多くの難しい単語が必要になるために、学校ではまず単語と文法の記憶からはじめ、ポイントをそこに集中させているのです。

会話に特化した学習法

翻訳など、英文を訳したり、反対に日本語の文章を英文に置き換える「翻訳」とは違い、リアルにネイティブの人と会話することをに重点を置くのが「英会話学習」です。

英会話学習ではリスニングとスピーキングに重点を置き、できるだけ少ない単語で会話が成立できるように実践練習を積んでいきます。

また、ネイティブの発音を聴き取り理解し、自分も通じる発音ができるような練習をします。

この”英会話能力”は、学校の勉強ではなかなか得ることができないのです。

留学もまた英語学習の一つであり、これも生活の中で英語を使うことを強いられることで、シンプルで実用的な会話能力を身につけることができます。

日本の英語学習は英会話が苦手?

日本の中学と高校・大学で習う英語学習は、ネイティブの人とコミュニケーションをとる「英会話」が苦手だと言われています。

実際に学校の英語の勉強をまじめに勉強した人でも、本物のネイティブを前にすると十分に会話ができないのが現実なのです。

その代わり、日本の学生はネイティブが知らないような難しい単語を知っていることも有名です。

これらは、ニューヨーク・ポストやウォール・ストリート・ジャーナルなどの英字新聞を理解できるような、政治経済の専門用語になります。

日本人でも、日常会話は問題なくできる人でも、日本の新聞を読んでほとんど理解できないような人も少なくありません。

日本の学校の英語学習は、リスニングやスピーキングにかける学習時間が少ないことから、「英会話」が苦手なのです。

まとめ

これから英語の学習を本格化させたい人は、「喋れる学習法」と「喋らない学習法」の違いをしっかりと認識しておく必要があります。

ネイティブが話すような英語をマスターしたければ、学校で習う勉強法から違う学習法にシフトする必要があるのです。

川中 昌彦 by
当サイト管理者の川中と申します。私はずっと勉強を続けてきたのに、全く英語を話すことができませんでした。しかし、教材を「英語ぺらぺら君」に変えたおかげで、今ではネイティブ並みの英会話力に!あなたも一緒にチャレンジしてみませんか?