留学ナシでも英語がぺらぺらになる秘密をすべて紹介しています。

留学すれば英語が喋れるとは限らない

実践的な使える英語をマスターしたい人が選ぶ学習法に「留学」があります。

外国人たちと実際に交流し、ネイティブとの生の会話をするのですから、留学ほど理想的な英語の学習法はありません。

ただし、留学をした誰もが英語が堪能になって帰国できるわけではありません。

留学先での生活の仕方や学習の方法によっては、せっかく高い費用と時間を使ったのに、ほとんど英語が上達せずに帰国する人も少なくないのです。

ここでは、留学をすれば英語が喋れるとは限らない理由や、失敗のケースなどをまとめています。

なぜ留学をしても英語が喋れない人がいるのか?

ベストな語学学習法として知られる留学ですが、失敗に終わってしまい、ほとんど得るものなく帰国してしまう人がいます。

これは留学前の準備や、留学先での生活に問題があるのです。

留学をしても英語が喋れない人のケース

せっかく留学をしたのに、ほとんど英会話能力を上げられずに帰国してしまう失敗ケースは以下のようになります。

  • 留学先でネイティブとの交流が少なすぎた
  • 留学先で日本人と接する機会が多すぎた
  • 留学期間が短すぎた
  • 留学先でテキストなどによる語学勉強をしなかった

留学をしてもネイティブと会話をしないケースはよくあるといいます。

とくに海外の大学に留学するケースでは、日本人のクラスメイトとばかり付き合ってしまうことでネイティブと過ごす時間が少なくなることがあり、それではせっかくのリアルな英語体験ができないのです。

留学で英語効果が上がるのは「日本語を使う場面がなくなる」ことも大きな理由です。

留学をしても日本人と付き合い、日本語でコミュニケーションをとってしまては、「英語脳」が出来上がっているところがリセットされてしまうのです。

また、外国に行き現地で生の英語に触れたとしても、やはりテキストを使った勉強も大切です。

日本でも本も読まず国語の勉強をしないと、日本語力が上がらないのと同じです。

1ヶ月程度の留学では英語がマスターできないのは当然です。

留学は事前リサーチが大切

日本で英語を勉強をしている人で、学習結果が良くない場合「留学さえできれば・・・」と考える人が多いようです。

たしかに留学はメリットの多い手段ではありますが、けっして”万能”ではないのです。

たとえば、留学先がものすごい田舎であまり人と触れ合う機会のない地方などは、語学学習の効果が上がりません。

また、アメリカなどは多国籍文化ですので、留学先が英語を全く使わないエリアである可能性もあります。

訛りのある英語を使う州も多いので、居住先を間違えるとスタンダードな英語を覚えられない危険性もあります。

アメリカは想像以上に広く、州が違うだけでかなり文化も異なります。

イントネーションだけではなく、単語の意味が違うことも少なくありません。

留学の際には事前リサーチをしっかりしておかないと、時間と費用の無駄になってしまうのです。

英語を覚えるのに留学が必須なわけではない!

英語を覚えるのに「留学」は必須なわけではありません。

一度も渡航したことがなくても、ネイティブと必要十分な会話ができる人はたくさんいるのです。

また、私たち日本にはたくさんのネイティブが住んでいます。

これは英語を覚えるのに非常にラッキーな状態です。

適切な英語教材を使い、英会話力を高め、日本在住のネイティブと会話すれば、留学に匹敵する語学力を身につけることが可能です。

英語が好きな人は、海外文化そのものに興味がある人もいますが、そういった人以外は「英語習得=留学」と考えるのはやめましょう。

まとめ

現在の日本の英語学習を取り巻く環境で、留学に固執する考えには賛成できません。

グローバル化が浸透した日本は、見方を変えれば英語を学ぶ環境がすでに揃っているのです。

とくべつ海外へ渡航する理由や動機がない人は、留学にとらわれずに国内で英語がマスターできるよう、評価の高い教材を探してみましょう。

川中 昌彦 by
当サイト管理者の川中と申します。私はずっと勉強を続けてきたのに、全く英語を話すことができませんでした。しかし、教材を「英語ぺらぺら君」に変えたおかげで、今ではネイティブ並みの英会話力に!あなたも一緒にチャレンジしてみませんか?