留学ナシでも英語がぺらぺらになる秘密をすべて紹介しています。

学校の英語学習は間違っている?

日本の学校教育では中学校で3年、高校で3年、大学でも授業を取っていれば4年で合計10年の英語教育を受けることになります。

しかし、「日本人は英語が苦手」というのは周知の事実です。

これだけ長い期間語学学習をし、ネイティブの話す短いセンテンスの発音すら聞き取れないのですから、日本の英語教育は間違っていると考えるのは当然のことかもしれません。

英会話と日本の学校の英語学習について考えてみましょう。

学校英語と英会話教室の英語

私たちが学生時代から教科書を教材にした英語学習と、英会話教室での英語学習は、根本的な違いがあります。

その違いを把握することが、これから英語を学ぼうとする人には大切なのです。

学校英語と英会話学校の違いを確認しておきましょう。

学校英語の特徴

日本の学校では、中学と高校で6年間の英語教育を受けます。

最近では小学生の英語学習義務化もスタートしました。

日本の学校の英語教育は、英会話学校とは違い、外国でいうところの「国語」にあたると考えて良いでしょう。

なので、単語・文法などが学習の中心となります。

「話す」「聞き取る」よりも「書くこと」がメインの授業カリキュラムが、日本の学校英語なのです。

英会話教室英語の特徴

日本人の中で、留学や海外出張、ビジネスで英語をマスターすることが急務の方は英会話教室を利用するのが一般的です。

英会話教室では、学校の英語授業とは違い「リスニングとスピーキング」に重点を置き、また講師もネイティブが担当してくれる実践的なカリキュラムが組まれています。

学校の英語学習は間違っているのか?

では、長年英語の勉強をしているはずなのに、ネイティブを相手にすると通用しない学校の英語授業は”間違った勉強法”なのでしょうか?

じっさいに英語が話せるようになった人は、学校の英語学習に加えて英会話教室に通ったり、留学したことでマスターすることが多いので、”間違った勉強法”だと思われるのも当然です。

しかし、学校の英語学習にもそれなりの学習効果があり、全くの無駄というわけでもないのです。

学校の英語学習が役立つ場面

一般的に「英語ができる状態」というのは、ネイティブと自然な会話ができる状態だと思われますが、じつはそうとも言い切れないのです。

英語は日常会話だけではなく、翻訳や通訳などでも活躍します。

翻訳では難しい専門書や小説などを日本語、あるいは英語に訳さなくてはならないので、日常会話の何倍ものボキャブラリーが必要になるのです。

これは、専門用語が飛び交う企業の通訳なども同じです。

日本人でも全く意味が理解できない日本語の専門書などがありますが、それと同じことになります。

学校の英語学習では、日常ではあまり使わないような難しい英単語や文法を覚えますが、これは「日常会話」ではなく翻訳や通訳の現場で役立つのです。

時間の制限で”英会話”の部分を縮小する学校英語

学校では、英語以外にもたくさんの教科を学ぶ必要があるため、英語学習にあまり時間を割いてはいられません。

そこで「リスニング」「スピーキング」といった実践強化が縮小されているのです。

学校の英語学習で基礎の基礎を学び、そこから本格的に英語が必要な人は、自分で英会話教室に通うなり、教材で独学するなりしてください・・・というのが、日本の英語学習の考え方なのです。

まとめ

学校の英語学習にもそれなりの活用の場所があることがわかったはずです。

しかし、やはり多くの場面で「喋れる英語」が必要になります。

実践的な英語をマスターするための学習法も英会話教室や留学だけではなく、市販の教材でまかなうことも可能です。

次のページから「喋れる英語」をマスターをするための、良い教材選びの方法などを解説していきます。

川中 昌彦 by
当サイト管理者の川中と申します。私はずっと勉強を続けてきたのに、全く英語を話すことができませんでした。しかし、教材を「英語ぺらぺら君」に変えたおかげで、今ではネイティブ並みの英会話力に!あなたも一緒にチャレンジしてみませんか?