ブラッククローバー

ブラッククローバー|最新話【252話】ネタバレあらすじは?「水の聖戦」の感想と考察も

2020年6月1日週刊少年ジャンプ2020年26号でブラッククローバー252話が掲載されました。

本記事はブラッククローバー最新話252話】のネタバレあらすじ感想考察まとめた記事になります。

※ネタバレ注意

ブラッククローバー|最新話【252話】「水の聖戦」のネタバレあらすじは?

水創成魔法“海竜の咆哮”を繰り出すノエル

それを血液魔法“紅いケダモノ”で容易く撃破するヴァニカ

ノエルの技を完全に見下している

言葉を失うノエル

 

一方ミモザは、カエルのような敵に攻撃されたいた

すると突然、敵の体が植物で覆われていく

前の攻撃で“操魔可草”の種を仕込んでいたのだ

敵を引き留めたミモザはノエルたちに悪魔憑きを倒すよう伝え…

二つの魔法を行使するヴァニカ

いきなり強力な二重魔法が二人に襲いかかった!!

ヴァニカの手下も巻き込んで…

 

血液魔法呪符魔法…!!!

 

ノエルはロロペチカとの会話を思い出していた

漆黒の三極性は自分の魔法と憑いている悪魔の魔法の二つを使う

 

ヴァニカとメギキュラ 二人と一度戦っていたロロペチカは戦術を練り備えてきた

 

対峙する三人

ロロペチカとの戦いを遊びのように楽しんでいるヴァニカが

「世界樹魔法と闇魔法も楽しそうだけど…」と独り言を言う

 

何かに気づいたノエルは思わずヴァニカに問いかけた

 

軽く見下し答えないヴァニカ

世界樹魔法…   闇魔法…

 

巨大な記憶の書庫を探るロロペチカ

ハート王国王女は歴代の王女の知識・経験も受け継いでいる

その膨大な情報量が所以で「全智の巫女」と呼ばれる

 

探り当てた情報を手に取ると

世にもおぞましい光景が…!

このままでは 世界が終わってしまう…!!!

 

驚愕するノエル…

人間の滅びを全く意に介さず 自分の嗜好にふけるヴァニカ

ロロペチカの本気

ここで倒すしかないと決意したロロペチカは

ヴァニカを巨大な水柱に閉じ込め

強大な術式を展開する

マナゾーン+魔言術式
水精霊魔法“巫水戯の聖域”

それはヴァニカの血液魔法の力を半減させ

ノエルの魔法をパワーアップさせるものだった。

 

羽衣鎧を“人魚形態”に移行したノエル

水域の中 血反吐を吐くヴァニカ

そこへノエル渾身の一撃が突き刺さる!!

ブラッククローバー|最新話【252話】「水の聖戦」の感想・考察

読めば読むほど“魔法”の世界へ引き込まれてしまいます。

こうも色んな魔法が展開されると、誰が本当に強いのか分からないです!
ま、でもそこが楽しいところではあるのですが。

美しい顔をゆがめて戦うノエルもいいですが、メガネ女子ロロペチカさんが王女としての力を本気で行使している姿もギャップがあって最高です!

 

全智の巫女の記憶領域!

描き方が卓越してますね。ロロペチカさんが神聖な存在に思えてきます。

また魔法のネーミングもカッコよかったり面白かったり萌えます。

 

それにしても敵側が、ドSやどMなのでマジ引くかキレそうになります。

手下もぶった切るし、その手下は生き返るし無茶苦茶やないですか!死なないヤツとはどうやって戦えばいいんですかね?

自分にも魔法が使えたらぜひ参戦したいです!!(笑)

 

世界樹魔法のイメージがロロペチカさんの脳裏に映されていましたが、いきなり「鋼錬(ハガレン)」の「壁」を連想してしまいました。

まさかオマージュとかではないですよね。

 

血液魔法と呪符魔法の合わせ技も凄いですがロロペチカさんの最終奥義みたいなあの術式は ヤバい!!!

めちゃめちゃ壮大でクール!!

 

ただ これで本当にヴァニカを倒せるのか?

これまでがこれまでですし、今話最後のヴァニカの表情 セリフ

 

まだ何か起こるかもしれません…

いやぁ 次号もますます楽しみです!!

まとめ

以上、ブラッククローバー最新話【252号】のネタバレあらすじ・感想を紹介しました。