ブラッククローバー

ブラッククローバー【255話】ネタバレあらすじ「暴発する命」の感想と考察も

2020年6月29日 週刊少年ジャンプ2020年30号で ブラッククローバー【255話】が掲載されました。

本記事は ブラッククローバー最新話【255話】のネタバレ・あらすじと感想をまとめた記事になります。



ブラッククローバー|最新話【255話】「暴発する命」のネタバレあらすじは?

―前号のあらすじ―

ネロの封緘魔法は決まったかに見えたが、

完全に封じ込めてはいなかった。

悪魔メギキュラの力で、ロロペチカの水域は

破壊されてしまう。

また水の精霊ウンディーネもメギキュラの呪いを受け

動けない状態になってしまった。

その姿を見たロロペチカは戦意喪失…

ただ一人諦めないノエルは、捨て身の一撃で

ヴァニカ/メギキュラを水槍で貫いた。

ノエルの本気がヴァニカの欲望に火をつける

ノエルの気迫のこもった一撃をあざ笑うヴァニカ/メギキュラ。

そこへ“零距離海竜の咆哮”を放つノエル。

 

しかし“紅いケダモノ”によって打ち砕かれてしまう!

残滓が大量の水滴となって降り注ぐ…

倒れこむノエル。

 

突然、バカにしていたヴァニカ/メギキュラが血を吐く!?

我が身に驚きつつ何かに気づいた彼女は

ノエルに名前を聞いた。

何か楽しみを見つけたヴァニカは半身のメギキュラと話す。

 

ロロペチカは殺さず、スペード国に連れて行こうと。

ロロペチカの体を掴むヴァニカ/メギキュラ。

愕然とするノエル。

 

ヴァニカは昔戦った「アシエ」を思い出していた。

その時のアシエは人質にとられた子供のために

強くなったという…

ノエルも同じ状態になると予想したヴァニカは

喜びに震えながら話し続ける。

手下にも冷酷なヴァニカ

新たな楽しみを見つけ帰ることにしたヴァニカは

手下たちを見限ることにした。

 

呪符魔法“暴発する命”

手下の体が魔力によって一気に膨れ上がる!!!

それは従ってきた全ての手下に起こった!

ロロペチカを連れ去るヴァニカ。

同時に起こる巨大な暴発!!

ヤミ・スケヒロの闘い

ダンテの体を切りつけるヤミ。

ヤミの魔法を嫌うダンテは「悪魔を宿した人間」の

「本当の力」を見せてやると言う。

それに応え「ただの人間の本当の力」を見せてやると言うヤミ…

ブラッククローバー【255話】「暴発する命」の感想・考察

ノエルの気迫のこもった攻撃は一矢報いる場面はありましたが、

逆にヴァニカの遊び心を刺激する結果になってしまいました。

彼女はあくまでも遊びの範疇で戦っているんですね。

相変わらず嫌なヤツだなぁ…

力の差が大きくてノエルの我慢強い戦いぶりが響いてないのが悔しいです!

今まで長丁場をロロペチカのために戦ってきたのに、残虐なヴァニカに連れ去られるのは断腸の思いですよね。

ウンディーネはどうなっちゃうのかな?

救世主は現れない設定でした…

次号以降に持ち越しなんですね、どうなるんでしょう?

手下までも全て殺して帰るヴァニカ。

悪魔メギキュラより「悪魔」なんじゃないでしょうか!

面倒な敵です…

そしてそして
やっと男性陣が登場!!

「黒の暴牛団団長」ヤミ・スケヒロ

日ノ国出身、異端の大魔法騎士ーー

見た目「おっさん」だけど日本の侍のようにかっこいい!

彼もアスタのように特異な存在だと思います。

持ってる武器が、まさに「日本刀」なんですよね!

刀もカッコイイ~!

「悪魔を宿した」ダンテは、どんな魔法を使ってくるのか?

本気モードで迎え撃つヤミ団長

まだ隠し玉があるんでしょうか?

めっちゃ強いのは分かっているのですが、

男と男の戦い

超気になります!!

以上、ブラッククローバー最新話【255話】「暴発する命」のネタバレあらすじ・感想を紹介しました。

そろそろアスタ、ユノに会いたいです!!

会わせてください、田畠先生~