MENU
炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊【225話】のネタバレ・あらすじ!「幼き月光」の感想も!

2020年7月1日発売日の週刊少年マガジン
2020年31号炎炎ノ消防隊225話】の
幼き月光」が掲載されました。

紅丸の前に現れた巨大な“日輪”を背負う焔人の
火鉢。紅丸は幼い日の火鉢とのやり取りを思い出す。

225話】の「幼き月光ネタバレあらすじ
感想考察をまとめた記事になります。

前回・次回のネタバレ・感想
224話「太陽と月」226話「背負った末に」

※ネタバレ注意!

《炎炎ノ消防隊を今すぐ全巻無料で読む方法を調査した結果》

炎炎ノ消防隊の最新話・最新刊を無料で読む手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②最新刊 →「炎炎ノ消防隊」を1冊を読む
②最新話 →「週刊少年マガジン」最新刊を読む
③関連作や他のアニメの見放題動画を視聴

\漫画1冊・最新話が無料で読める/

※31日以内に解約すればお金はかかりません

炎炎ノ消防隊【225話】の「幼き月光」ネタバレ・あらすじ!

膨大な熱量を持った“日輪”を背負った先代浅草棟梁
火鉢の焔人。対峙する紅丸の思いとは。

思い出

巨大な“日輪”を背後に、まだ“日輪”を撃てない
紅丸を未だに浅草を背負う覚悟がないのかと
詰め寄る火鉢。

 

紅丸は、自分の末路を忘れたのか、と返す。
末路を引きずっているのは紅丸の方だと、
譲らない火鉢。

 

昔と同じ口調で紅丸に語りかける。火鉢の「末路
それは、浅草棟梁として、起こるべくして起こった
末路」ともいえるものだった。

 

紅丸は、目の前で先代と同じように語る焔人を
みつめながら、今は亡き先代の面影を思い返す。
大馬鹿野郎と怒鳴られ、説教三昧だった
幼い日々を。

幼い日のこと……

いつものように火鉢の「大馬鹿野郎」の
怒鳴り声と紅丸との言い争いが響きわたって
いた。そして、最後は殴られ、蹴られる。

 

この日の説教の理由は、紅丸が町中で喧嘩を
したことが火鉢の耳に入ったことだった。
理由を話す紅丸だったが火鉢は聞き入れない。

 

散々な目にあった紅丸は釈然としない思いのまま、
廊下を歩いていると、若衆の一人、新平太と
子どものカナ・ヒナに呼び止められた。

 

紅丸に懐くカナヒナ。新平太は紅丸は凄い奴だからと
やけになっている紅丸に話しかける。強いってことは
人を惹きつけるのだという新平太に、それは新平太の
思っていることだろうと返す紅丸。

 

言われていること、自分の立場。わかっては
いても自分の中で割り切れないところがあり、
心中もやもやするばかりだった。

粋な男

気分が悪いながらも、新平太とカナヒナの
おかげで少し気持ちが落ち着いた紅丸が、
火鉢からの罰で一人稽古をしていると紺炉が
やってきた。

 

いつものように紅丸と火鉢との間を取り
持つ紺炉。言葉足らずな火鉢の思いを
遠回しに紅丸へ語る。しかし、紅丸はまだ
理解できなかった。

 

特に今回の喧嘩が紅丸の喧嘩だったかと
聞かれてもどう答えていいかわからない。
粋な男になれと言われてもさらによく
わからなかった。

 

紅丸は強い。それは持って生まれたものだ。
そして、力を持つ者はそれだけで人を惹きつけ、
他にも色々とおまけがついてくる。

 

それは、妬みや恨みといった良くない感情で
あったりする。どれだけ自分が、その強さを
「いらない」と思っても絶対切り離せない。

 

だからこそ、色々ついてくるものの払い方を
間違えるな、見栄の張り方を知れ、と火鉢に
代わって紺炉は話すのだが、まだ幼い紅丸には
理解が追いつかなかった。

火消しの流儀

火鉢に呼び出された紺炉は、余計な事をするなと
言われるが、言わなければわからないこともある
と火鉢に話す。

 

自分で気づくしかないと続ける火鉢に、紅丸が
化け物になってもいいのかと問う紺炉の言葉。
火鉢は、大馬鹿野郎しか浅草の火消しは務まらない
といいだした。

炎炎ノ消防隊【225話】の「幼き月光」感想!

厳しくも愛情あふれる棟梁の思い。しかし
言葉足らずなところがあり、なかなか紅丸に
伝わらない。そこを補う若衆達。

 

とても良い連携が取れているわけですが、紅丸に
とっては期待過多におもっているところもあり、
反抗期をこじらせている感じもします。

 

持ちたくてもっているわけではない自分の強さを
周りのみんなが認めてくれてはいても、素直に
受け取れない。

 

紺炉のいうように、生まれつき何かしらの能力を
持っている者はその能力を持っているが故に、
良くないものまで引き寄せることが多いもの。

 

問われるのは、良くないものが迫って来たときに
どう対処するかということでしょう。それをまだ
幼い紅丸に身体で覚えろとは、スパルタですね。

 

サポートしてくれる紺炉達がいてくれるからいい
ようなものですが、火鉢も少しは紅丸と膝をつき
あわせて会話をしてもいいのでは?と思います。

 

大馬鹿野郎と言われ続ける紅丸ですが、棟梁の
親心が通じるのはいつになるのでしょうか。

 

《炎炎ノ消防隊を今すぐ全巻無料で読む方法を調査した結果》

炎炎ノ消防隊の最新話・最新刊を無料で読む手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②最新刊 →「炎炎ノ消防隊」を1冊を読む
②最新話 →「週刊少年マガジン」最新刊を読む
③関連作や他のアニメの見放題動画を視聴

\漫画1冊・最新話が無料で読める/

※31日以内に解約すればお金はかかりません

まとめ

火鉢の本心が読めた今回、幼い紅丸にも聞かせて
あげたい。果たしてお互いの思いは通じあうのか。

次回、炎炎ノ消防隊226話】を楽しみに待ちましょう。