炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊|最新話【226話】のネタバレ・あらすじ!「背負った末に」の感想も!

2020年7月8日発売日の週刊少年マガジン
2020年32号炎炎ノ消防隊最新話226話】の
背負った末に」が掲載されました。

9569人の命を背負い、浅草を背負い、紅丸の人生をも
背負った火鉢。その根底にあるのは、浅草への愛と
紅丸への信頼。ただそれのみ。

最新話|【226話】の「背負った末にネタバレあらすじ
感想考察をまとめた記事になります。

前回・次回のネタバレ・感想
225話「幼き月光」227話「心残り」

※ネタバレ注意!

《炎炎ノ消防隊を今すぐ全巻無料で読む方法を調査した結果》

炎炎ノ消防隊の最新話・最新刊を無料で読む手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②最新刊 →「炎炎ノ消防隊」を1冊を読む
②最新話 →「週刊少年マガジン」最新刊を読む
③関連作や他のアニメの見放題動画を視聴

\漫画1冊・最新話が無料で読める/

※31日以内に解約すればお金はかかりません

炎炎ノ消防隊【226話】の「背負った末に」ネタバレあらすじ!

その背中に浅草の全てを背負って生きた男、火鉢。
紅丸はそれを受け継ぐ覚悟はできるのか。

基本の違い

紺炉から言葉が足りないと言われた火鉢だが、
それがどうしたといわんばかりの態度で話を
続ける。

 

どうして大馬鹿野郎しか、浅草の火消しが
務まらないのか。紺炉を相手に話し始める火鉢。
紺炉の先に紅丸を見ているようでもあった。

 

聖陽教の教えとして「神の加護」のもとに
焔人の鎮魂を行う消防隊とは違い、
浅草の火消しは棟梁一人が全てを背負う。

 

そのため「神の加護」といった「後ろ盾」は
ない。鎮魂といえども、人の命を奪うことに
かわりはない。

 

焔人になった相手とはいえ、人が人の命を奪う
ことになる浅草の火消しは「」の存在に保護
されない。

 

そのため、命を奪われた本人とその身内からの
負の感情を棟梁一人が背負うことになる。
その重責に耐えられるのは、大馬鹿野郎だけ
なのだと、紺炉に語る火鉢。

 

紺炉は火鉢の本音に触れ、紅丸への火鉢の
思いの大きさが「大馬鹿野郎」という言葉と
キツイ稽古とスパルタな躾の下地になっている
ことを痛感した。

棟梁の背中

浅草の町に焔人が現れた。その報告をうけ、
火鉢が紅丸と若衆を率いて町へ出る。
すると、町中は野次馬でごった返していた。

 

今回焔人になったのは、節子という母子二人
暮らしの母親の方だった。
野次馬の中には親子の知りあいもいた。

 

焔人を見つめる火鉢。そこへ節子の息子が
やってきて、火鉢に、鎮魂しないでくれ、と
懇願した。

 

しかし火鉢は「すまねえ」というと、息子を
紅丸の方へ押しのけ、息子の目の前で
母親を鎮魂した。

 

歴代浅草棟梁が鎮魂の名のもとに市民の
命を奪ったその数9568人そしてまた一人
増えた。

 

火鉢自身が鎮魂した人数は278人。
浅草の火消し、棟梁になるということは
これだけの人数の命を背負うということ

 

これからさきも、奪った命と生きている
命の両方をずっと背負っていくということ。
そうとうな覚悟がなければできない。

覚悟の末に

火鉢との穏便かつ重い話のあと、紅丸は
屋根の上に登り、一人、浅草の町並みを
見つめていた。

 

「“日輪”を覚えるまで帰って来るな」
と言った火鉢の言葉と鎮魂に臨む火鉢の
背中。

 

男とはいえ、紅丸から見れば年配の火鉢。
いつまでも重責を負わせてはいられない。
紅丸は浅草の町並みに腕を伸ばし、目に
移る光景を拳に握りしめた。

 

火消しの棟梁に拾われた時から、
覚悟はできている。とその瞳に
決意を宿す。

 

紅丸の姿を屋根の下から見上げる火鉢。
ようやく火のついた紅丸の姿を眺めていた
その時。小さな刃がその背中に突き立て
られた。

炎炎ノ消防隊|最新話【226話】の「背負った末に」感想!

前回に続き、火鉢の親心全開の展開では
ありましたが、内容はとても重みのある話
でした。

 

鎮魂とはいえ、人の命を奪っていることには
かわりがない。火鉢の思いは歴代の棟梁達の
思いでもあるのでしょう。

 

幼い紅丸に、その重みを背負わせることに
なるのですから、生半可な稽古をつける
わけにはいかないのも道理です。

 

紅丸もそのことには承知しているよう
でしたが、なかなか自分事として受け
入れるには、気持ちが追いついていか
なかったのでしょうね。

 

とにかく今回のちょっと後味の悪い
鎮魂のあと、紺炉から「言葉が足りない」
と言われたことに反省?したのか、
背中越しに紅丸と会話をしています。

 

この態度が会話の重要性をあらわしている
と感じたのか、紅丸も神妙に話を
聞いています。

 

紅丸にとってこの時のことは、この先
ずっと折に触れ、思い出すことの多く
なる思い出となるでしょう。

 

そして、火鉢の最期は、子どもに刺され
てしまう。というあたり、人が人の命を
奪うことの罪の大きさを物がったって
います。

 

」なら何とか「仕方ない」と思える
ことも、人が手を下していると思うと、
頭ではわかっていても、感情は追いつかない。

 

火鉢はそんな重責をずっと一人で背負って
きたのでしょう。しかしそれでも、
浅草を愛している。と言えるあたり、
本当に「」な男ですね。

 

紅丸にもその思いは通じたようで、
血はつながっていないけれど、
良い親子関係であり、師弟関係を
築けたように思います。

《炎炎ノ消防隊を今すぐ全巻無料で読む方法を調査した結果》

炎炎ノ消防隊の最新話・最新刊を無料で読む手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②最新刊 →「炎炎ノ消防隊」を1冊を読む
②最新話 →「週刊少年マガジン」最新刊を読む
③関連作や他のアニメの見放題動画を視聴

\漫画1冊・最新話が無料で読める/

※31日以内に解約すればお金はかかりません

まとめ

せっかく心の距離が近くなった矢先に
火鉢が刺される。紅丸はどうでるのか。

次回、炎炎ノ消防隊227話】を楽しみに待ちましょう。