炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊│最新刊【236話】のネタバレ・あらすじ!「再会」の感想も!

炎炎ノ消防隊の236話のネタバレや感想・考察を紹介

2020年9月23日発売日の週刊少年マガジン
2020年43号炎炎ノ消防隊最新話【236話】の「再会」が掲載されました。

最新話236話】の「再会」のネタバレ・あらすじ、感想と考察、
まとめの記事となります。

ラフルス一世との「真の救世主」をかけた戦いがはじまる。第8の隊員達も集結し、
ショウも登場。災害隊はショウの登場で姿を消した。

※ネタバレ注意!

《炎炎ノ消防隊を今すぐ全巻無料で読む方法を調査した結果》

炎炎ノ消防隊の最新話・最新刊を無料で読む手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②最新刊 →「炎炎ノ消防隊」を1冊を読む
②最新話 →「週刊少年マガジン」最新刊を読む
③関連作や他のアニメの見放題動画を視聴

\漫画1冊・最新話が無料で読める/

※31日以内に解約すればお金はかかりません

炎炎ノ消防隊│最新話【236話】の「再会」の
ネタバレあらすじ

第4特殊消防隊

何発もの攻撃が続く現場。
誘導中の住民達の焔ヒト化。

 

第4特殊消防隊 中隊長パートコパーンは現状を観察しある作戦を指揮する。

 

それは火燐のスケールシールドで全範囲を防御すること。

 

中隊長の無茶振りに驚く火燐。
だが指令とあっては仕方ない。

 

パートコパーンは自分が援護するからと火燐の背中を押す。

 

火燐はその言葉に腹をくくり、広範囲のスケールシールドを展開。

 

パートコパーンのバフによって増幅された火燐の能力が解放される。

 

スケールシールドは地上側全体に広がり皆を守防する壁となった。
そして上空のシンラ登場と時を同じくして第8特殊消防隊が参戦。

 

始めは逆賊扱いの言葉を受けるが今は非常時。

 

第4は第8の機動力を借りて住民の保護に奔走する。

本戦前の肩慣らし

ラフルス一世を目の前にシンラが地上を見下ろす。

 

火燐が良い仕事をしているのを見てシンラの気分も上々。
自分の仕事はラフルス一世の鎮魂だと再確認する。

 

ラフルス一世と向かい合う。

 

シンラの能力はアドラが近くなっているために強さを増している。

 

自分でもそれを自覚している。

 

地上から援護の言葉がかけられる。
だが自身の力が上昇傾向のため援護は無用と答えた。

 

その矢先、シンラの体が重くなる。

 

空中での姿勢が保てなくなり、攻撃ができない。
自分ではどうにもできず操られているような状態。

 

災害隊の横やりが入ったのだ。

 

引力を操りシンラの動きを制限し攻撃を加える。
やられっぱなしのシンラ。

 

引力を操作されては思うように動けない。

救世主(ヒーロー)は君だ

災害隊の攻撃に強制的に右往左往するシンラ。
結局吹き飛ばされたところへ援護が来る。

 

その援護者にサッサと蹴散らせと言われる。

 

自分の体が自由に動かせない状態で攻撃は無理。

 

下手をすれば大気圏を突き抜けてしまい鎮魂どころではない。
今は相手を倒すことよりまず自分の守備を考えないと。

 

と言っているときに、援護者がショウだと気づく。

 

ショウの姿に抱きつくシンラ。

 

驚きながらも母との再会で兄に対する考えが変わったショウ。
シンラの抱きつきを許しておく。

 

シンラが救世主・ヒーローだということを知らしめろと鼓舞する。

 

そんな二人を見つめる災害隊。

 

役者は揃った……」と姿を消していく。

炎炎ノ消防隊│最新話【236話】の「再会」の感想

第8の皆さんも現場に到着しました。

 

いよいよシンラVSラルフス一世の一騎討ち
かと思いきや。

 

災害隊の邪魔が入り、シンラのは蹴鞠状態。

 

地上では第4中隊長パートコパーンの指令で火燐が大活躍。

 

第8の隊員達も住民の救助と保護に加わります。

 

中隊長の能力で火燐のシールドも全力展開されました。
でもいつまでも持たないでしょう。

 

増幅する側もシールドを張る側も能力には限界がありますから。

 

シンラとラフルス一世の攻防が長引けば不利。

 

上下左右に飛ばされているシンラを見て不安がっているかも。

 

シンラがラフルス一世を鎮魂してくれなければ地上ももたない。

 

そこへショウが登場。

 

やっと兄弟再会。共闘です。

 

母との再会で兄に対するわだかまりが溶けた弟。

 

弟大好きな兄。

 

二人が、「シンラ救世主・ヒーロー」であることを信じ手を取り合う。
だがここで、災害隊の姿が消えていく。

 

まるでショウがやって来ることがわかっていたような口振り。

 

全てはお見通し?

 

ということは、この後の苦戦が考えられる。
腹の底が読めない奴らです。

 

とはいえ、前座が消えていよいよ本番。

 

ラフルス一世の鎮魂のため、兄弟で立ち向かう。

 

火燐の体力とシールドがもちこたているうちに。
中隊長のバフが枯渇する前に。
ラフルス一世の鎮魂を成功させなくてはならない。

 

しかしラフルス一世が最後の八番目なのか?

 

災害隊の動きから見て、まだ何か隠し玉がありそう。
もしやシンラとラフルス一世の戦いの結末もすでに見えているのか?

 

だとするなら、その結末を覆す戦いをしなければいけない。

 

白装束の集団がどこまで状況をコントロールできているのか?
ショウが人類側につくことがお見通しだったなら、今の段階は想定内?

 

どうあっても世界を「破滅」させなければ気が済まないのか。

 

そうなれば自分達だってただでは済まないでしょうに。

 

ともかく白装束の考えを上回る活躍を期待します。

《炎炎ノ消防隊を今すぐ全巻無料で読む方法を調査した結果》

炎炎ノ消防隊の最新話・最新刊を無料で読む手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②最新刊 →「炎炎ノ消防隊」を1冊を読む
②最新話 →「週刊少年マガジン」最新刊を読む
③関連作や他のアニメの見放題動画を視聴

\漫画1冊・最新話が無料で読める/

※31日以内に解約すればお金はかかりません

まとめ

兄弟手を取り合って困難に立ち向かう。勝利はすぐそこ?
そんなわけないか。でも、皆で頑張ればなんとかなる。ファイト。

次回、炎炎ノ消防隊237話】の「ヒーロー」を楽しみに待ちましょう。