炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊│最新話【238話】のネタバレ・あらすじ!「その姿は」の感想も!

炎炎ノ消防隊の238話「ヒーロー」ネタバレや感想、考察を紹介

2020年10月7日発売日の週刊少年マガジン
2020年45号炎炎ノ消防隊最新話238話】の「その姿は」が掲載されました。

皆の声援を受けてラフルス一世に挑むシンラ。高速キックを炸裂させ撃沈させた。
だが市民の目にはシンラが「悪魔」と映る。

最新話【238話】の「その姿は」のネタバレあらすじ感想考察
まとめの記事となります。

※ネタバレ注意!

《炎炎ノ消防隊を今すぐ全巻無料で読む方法を調査した結果》

炎炎ノ消防隊の最新話・最新刊を無料で読む手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②最新刊 →「炎炎ノ消防隊」を1冊を読む
②最新話 →「週刊少年マガジン」最新刊を読む
③関連作や他のアニメの見放題動画を視聴

\漫画1冊・最新話が無料で読める/

※31日以内に解約すればお金はかかりません

炎炎ノ消防隊│最新話【238話】の「その姿は」のネタバレあらすじ

威力倍増正義の鉄槌

高速キックでラフルス一世に立ち向かうことにしたシンラ。
だが、地上のいるリヒトから注意をうける。

 

中華半島でのキックの分析から、地上にも被害が出ると予想されたのだ。
高速キックで一撃殲滅を考えたいたシンラは困る。

 

すると、シンラの周りが徐々にアドらバーストのような状況に変化してきた。

 

その原因は、シスター アイリス。

 

中華半島で見せた奇跡をもう一度再現するかのように海上が揺らめく。

 

ショウから「心配ない」と後押しされるシンラ。

 

シスターの能力の目覚めと祈りに感謝し、ラフルス一世撃滅に臨む。

 

シスターのお陰で高速キックの衝撃波が地上に影響を与えない今。
ラフルス一世に「一撃」でけりをつけると宣言し、突進した。

改心の一撃

シンラの攻撃意志が確固たるものになる。
すると、同時にラフルス一世が市民に語りかける。

 

自分が皆を救済する。

 

炎炎の炎に還るときが来た。死すべき時が来た、と。

 

その言葉に反論するシンラ。

 

地上からも引き続き応援の激励が飛ぶ。
皆がシンラの味方となって一致団結していた。

 

カメラマンもそんなシンラの様子みカメラに収めている。

 

街中ではその映像が映し出され、シンラの姿は多くの他人の目にさらされていた。
そんな中で、シンラの高速キックがラフルス一世に向かう。

正義のヒーロー?

シンラの高速キックはラフルス一世の額をら撃ち抜いた。
ラフルス一世は大量の血飛沫を噴水のように吹き出す。
そして、消滅。

 

消防隊員達は歓喜し、皆がシンラの強さを称えていた。

 

しかし、街中の反応はそれとは真逆となっていた。
永らく信じられてきた自分達の救世主ラフルス一世。
彼は市民の救世主であり、ヒーロー。

 

その人が画面の向こうで消えていく。
それも自分達が知らないただの消防隊隊員が手を下した。

 

カメラ映像に映る一部始終を見ていた市民から怒りの声が噴出。
鬼や焔ヒトを鎮魂するならともかく、自分達の救世主を鎮魂するとは。
テレビ画面に映るシンラの姿に市民は激怒した。

 

そして「悪魔」と叫びだす。

 

現場の皆は「ヒーロー」と言う。
だが市民からは「悪魔」と呼ばれることになったシンラ。

 

しかしシンラや現場の人間達には市民の怒りはまだ知られていない。
シンラもまた同じく。

 

そんな中、離れた場所から様子を伺っていた白装束が呟く。

 

シンラはヒーローになってはいけない。と……。

 

そして市民の怒りの声が噴出するなか、姿を消した。
それだけではなく。シンラの姿もまた、消えた。

炎炎ノ消防隊│最新話【238話】の「その姿は」の
感想

皆の援護もあり、ヒーローとしての道を突き進むシンラ。
ショウからの後押しもあり、ますます気分は上々。
なのに、白装束はあせることもなく落ち着いている。

 

この様子が不気味だなと感じていたが。
嫌な予感は当たるもの。

 

シンラの高速キックでラフルス一世は呆気なく鎮魂された。
皆が「助かった」とホッとする。

 

カメラも回っている。
その映像がテレビに映り、人々の目に映る。
すると、シンラのヒーロー的行いは市民に受け入れられなかった。

 

全く残念なことになったものである。

 

元々救世主として人々の信仰を得ていたラフルス一世。
市民としては焔ヒトになろうが、鬼になろうが救世主に変わりがない。

 

その偉大な人物を鎮魂された。

 

信仰の対象を鎮魂された市民の思いははかり知れない。

 

そんなことになっているとは露程もしらなかいシンラ達。
現場と街中の温度差はひどいものとなった。

 

そんな中、シンラは姿を消すし……。

 

これまで皇国の救世主として人々の心の支えとなっていたラフルス一世。
救世主として、皆の心に浸透していた。
そのため、八本目の鬼となって現れもても、その信仰は揺るぎない。

 

ラフルス一世はラフルス一世。
それ以下にの存在にはならない。
そんな思いがあるから、シンラの行いは許されない悪行として映る。

 

悪魔」そう呼ばれても仕方ないのもわかる。
せっかく「ヒーロー」っぽく決めたのに。
残念な結果。

 

しかし気になるのは白装束のセリフ。

 

シンラがヒーローになってはいけないとは?

 

まだまだ何かよからぬことを考えているようで恐ろしい。
ここまでの展開と想定内といっ達雰囲気がプンプンする。

 

一体何を企んでいるのやら。
消えたシンラはどこへ?
もしかして、白装束のアジトか?

ヒーローと悪魔はヒーロー表裏一体か。シンラは本当にヒーローか。

次回、炎炎ノ消防隊【239話】「消えたヒーロー」を楽しみに待ちましょう。