ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ|最新話【247話】ネタバレあらすじ!「決まり事」の感想・考察も

2020年7月9日に発売された週刊ヤングジャンプ2020年32号に、ゴールデンカムイ最新話【247話】の「決まり事」が掲載されました。

今回は、ゴールデンカムイ最新話【247話】の「決まり事」のネタバレあらすじ感想考察をまとめていきます。

※ネタバレ注意です。

ゴールデンカムイ|最新話【247話】「決まり事」のネタバレあらすじ!

前回のあらすじ

杉元と牛山、そして土方を止めるためにアシリパが止めに入る。
殺しあう必要はないとアシリパが言い、土方と手を組むことに。
土方が持っていた刺青を含め、すべての刺青を確認するアシリパ。
しかし、すべてを見たことで焦りが出る。
自分の記憶は鍵ではなかった!?

本物と偽物

刺青人皮には“決まり事”があると気付いたアシリパ。
全ての皮が決まり事を満たしているわけではなかった…。

決まりごとがあるかどうかを一つずつ土方にも聞き確認していく。
アチャの名前を思い出す前に奪われてしまった皮は確かめようがなかった。
しかし、白石・松田・房太郎・岩息の写しは、鶴見に持っていかれたものの確認してある。
この4人の刺青は“決まり事”を満たしていたのだ。

「剥製屋にあったものはどれだ?あれは偽物の可能性が高いはずだ」
アシリパが土方に尋ね、満たしているか確認をする。
剥製屋で手に入れた皮は決まり事を満たしていなかった。
関谷と用一郎の皮は土方自身が剥いだもので間違いなく本物のようだ。
牛山・家永・土方・都丹・鈴川の刺青は、写しであるが満たしている。
尾形が茨戸の賭場で手に入れてきた刺青の囚人には面識がなく、出所は確かではなかった。
でも、一応条件を満たしていた

(問題はこっちの皮だ…)
アシリパはどうやってその刺青人皮を手に入れたのか土方に尋ねた。
油問屋で夏太郎が手に入れたもので、剥ぐところは誰も確認してはいない。
ただ、鶴見中尉もそれを狙っていたため、土方は本物だと考えているようだ。
(でも…この刺青人皮は“満たしていない”)
アシリパは刺青をじっくり見て、少し焦る。

「この漢字の読み方は…「は」で良いんだよな」
“羽”という漢字が書かれた刺青を見ながらアシリパは土方に尋ねた。
「「ウ」とも読む」
土方の返答を聞き、“ホロケウオシコニ”に当てはまったため、アシリパはハッとなる。
「茨戸のものと油問屋の2枚が本物であると強く言える根拠がほかにある」
土方は複製屋が作ったものは6枚で、剥製屋で見つけたものを偽物とすると残りは5枚と説明する。
「残りの5枚は鶴見中尉から 有古力松が奪ってきている」
5枚の刺青のほうに手を出し土方は言った。
奪ったというより、鶴見中尉が偽物を掴ませるために、有古に持たせていたと土方は思っているようだ。
「この5枚は… 間違いなく 絶対に 贋作?」
アシリパは焦りつつも土方に問う。
「可能性は非常に高い」
土方にそう言われるが、アシリパは考えていた。

5枚のうちの3枚は確かに満たしていないのだが、2枚は“満たしてしまっている”…。
暗号を解くカギはアチャの名前ではないのか?とアシリパは焦った。
それを見て土方は、尾形から暗号を解くカギがわかっていると聞いたが本当なのか尋ねる。
アシリパは焦って無言のまま答えない。
「いま… この場で 私に教えるんだ」
土方はにらみつけながらアシリパに言った。
「わからない…」
全部手に入れなければ確信が持てないとアシリパは思う。
たとえ手に入っても、贋作の判別方法を見つけなければ暗号は解けないと考えた。

鶴見中尉は解読を妨害するため、有古に持たせた5枚に本物を混ぜていた。
刺青には法則や決まり事があるはずだと、解読を妨害できると考えていたのだった。

連続殺人の次の犯行予想まであと2日!

土方の家で酒を飲みくつろぐ杉山たち。
ほとんどの者が酔っぱらっているようで顔が赤くなっている。
白石は杉山をからかって枕を顔に投げつけられる。
房太郎は牛山に埋蔵金を見つけたら分け前で何するか聞いた。
牛山は腕っぷしの強いやつを集めて誰が一番強いか決める試合の賞金にしたいようだ。
羊の牧場を経営するというものもいれば、白石のようにいつもやっていることと変わらないものもいる。
アシリパは有古と、私たちの父親に何が起こったのか埋蔵金を探す道で明らかになるはずだと会話していた。
「いい加減に寝ろ」
札幌連続殺人の次の犯行の予想まであと2日しかないと怒鳴りつけられ、杉山はうるさいと枕を投げた。

一方、独特な操作方法をする宇佐美はまだ捜査を続けていた。
それを塀越しに後ろから見ている啄木。
次の犯行現場はどっちかと地図を見ながら、教会の前に来た啄木。
地図を見て何かに気付き、あたりをキョロキョロとみる。
わかったぞ!!
それを背後から宇佐美が見ていた…。

以上、ゴールデンカムイ最新話【247話】の「決まり事」のネタバレでした。

ゴールデンカムイ|最新話【247話】「決まり事」の感想・考察

鶴見中尉の嫌がらせともいえる暗号の解読妨害。
アシリパ、もろ引っかかっちゃっていますね。汗
連続殺人のほうも、啄木がついに解決できそう!?
…後ろからそれを見ている宇佐美も怖いですが。汗

まとめ

今回は、ゴールデンカムイ最新話【247話】の「決まり事」のネタバレやあらすじ、感想や考察をまとめました。
次号は、ゴールデンカムイは休載となり、続きは35号に掲載予定になっています。