ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ|最新話【250話】ネタバレあらすじ!「打ち上げ花火」の感想・考察も

2020年9月3日に発売された週刊ヤングジャンプ2020年40号に、ゴールデンカムイ最新話250話の「打ち上げ花火」が掲載されました。

今回は、ゴールデンカムイ最新話【250話】の「打ち上げ花火」のネタバレあらすじ感想考察をまとめていきます。

※ネタバレ注意です。

ゴールデンカムイ|最新話【250話】「打ち上げ花火」のネタバレあらすじ!

前回のあらすじ

土方の作戦で、配置につくオトリ役たち。
シライシのところに近づいた男は刺青をしていなかった。
夏太郎に近づいた男は外国人…。
ジャックザリッパー本人の可能性も!?
一方、門倉の背後にも地図を持って佇む宇佐美の姿が…!?

門倉と宇佐美

「宇佐美は先に行ってます」
第七師団のメンバーたちもサッポロビール工場に集まっていた。
新聞記者からの情報で場所を掴んだと言うことを伝えた。
鶴見中尉が到着するまで待てないと、犯人を捕まえるために行動を開始し始める。

「すいませーん ここが札幌ビール工場ですよね?」
街娼に扮した門倉に宇佐美が声をかける。
門倉は宇佐美がここに居ることに慌てた。

「第七師団だ ひとりか?」
牛山が影から見ていったあと、有古はアレが犯人?と様子を見ている。
門倉は慌て、宇佐美の前から逃げようとするが転んでしまった。
転んでしまった街娼を心配して、宇佐美はマッチの光を近づけた。

そのころ、杉元はアシリパに月あかりが届かない暗い所に隠れているように言っていた。
「尾形の野郎がどこかできっとアシリパさんを狙っている」
杉元がそう言うが、アシリパは尾形も金塊を追っているようだったのに私を狙うのか答える。
「俺たちが偶然土方と手を組んだことで尾形は戻れなくなった 鶴見のところも戻れない」
尾形は独りで金塊が手に入らないなら、アシリパを殺そうとしているのではないかと考えていた杉元。
「私を殺して台無しにして「みんなをがっかりさせたい」ってことなのか?」
アシリパは以前尾形が言った言葉を考えながら、本当にそうなのか疑問に感じていた。

マッチを近づけられ、宇佐美に顔を見られてしまった門倉。
「門倉部長!?なんてことだ 生きてらしたんですか!!」
宇佐美は門倉が男娼になったと思い、同情しだす。

「きゃあああ!!」
門倉は慌ててしまい、大声で悲鳴を上げる。
宇佐美は一瞬戸惑うが、土方がきていると感づき振り返った。
それと同時に、門倉の元に近づこうとしていた牛山を、銃で殴りつけた宇佐美。
牛山は殴られながらも宇佐美の襟をとった。
有古は慌てながらも、花火に火を入れた…。

本当の犯人は夏太郎の前に現れ、「コンバンワ」と声をかけている。

そんな時、大きな音を出し打ち上げ花火が空に光る。

間違った合図

打ち上げ花火の光で、犯人の背後にしのび寄っていた土方だったが気付かれてしまった。
誰だ!! 間違って打ち上げたのはッ
花火を打ち上げようとしていた永倉は叫んだ。
土方も違う場所で花火が上がり、驚いていた。

花火を他の場所にいる土方の仲間たちが見る。
第七師団や尾形もその花火を見ていた。

周囲から父親の幼いころとそっくりだと言われていた。
父親のように軍人になり、立派な父親を持って息子であることを誇りに思え。
父親の期待に応えるためにしっかり勉強する。
「いつも言ってるだろう?「私をがっかりさせるな」と」
学校で問題を起こしたり、友達がいなかったりした子供のころ、父親はそう言っていた。
花火を見て、そのころのことを思い出しながら涙する上ェ地もいた。

「祭りかな」
工場から遠くにいる鶴見にも打ち上げ花火は見えていた。

花火を見て杉元は向かいながら叫ぶ。
「邪魔する奴は全員ぶっ飛ばす ジャックの皮は俺が引っ剥(ぺ)がしてやる

以上、ゴールデンカムイ最新話【250話】の「打ち上げ花火」のネタバレでした。

ゴールデンカムイ|最新話【250話】「打ち上げ花火」の感想・考察

宇佐美に慌てて叫んだ門倉のせいで、間違った合図が出されちゃいましたね…。汗
間違って出された合図の元へ向かう杉元達。
ほんと王の犯人のところには土方だけに…。
無事犯人を捕らえることができるのでしょうか?汗

今回は、ゴールデンカムイ最新話【250話】の「打ち上げ花火」のネタバレやあらすじ、感想や考察をまとめました。