ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ|最新話【253話】ネタバレあらすじ!「父の汚名」の感想・考察も 

ゴールデンカムイの253話のネタバレとあらすじ、感想を紹介。

2020年9月24日に発売された週刊ヤングジャンプ2020年43号に、ゴールデンカムイ最新話253話の「父の汚名」が掲載されました。

今回は、ゴールデンカムイ最新話【253話】の「父の汚名」のネタバレあらすじ感想考察をまとめていきます。

※ネタバレ注意です。

ゴールデンカムイ|最新話【253話】「父の汚名」のネタバレあらすじ!

前回のあらすじ

牛山が割け樽を押し出し、ビールが大量に流れだした。
杉元や鯉登少尉たちは大量にビールを浴び、泥酔状態になってしまう。

そんな中、菊田がアシリパを捕らえ外へと連れだした。
アシリパは菊田を脅し、解放されるが…。
父親が殺された理由を、鶴見中尉に聞くといいと話を持ち掛けてきた。

それを高台から見ていた尾形の前には、またしても亡霊?が。
そのおかげで、頭巾ちゃんの狙撃を避けることができた尾形だった。

それぞれの場所で…

「土方さん 犯人は?」
土方組の合図の場所へ駆けつけたトニ組。
工場の中へ逃げ込んだと告げる土方。
顔を見た土方は、確かに外国人で刺青持ちの脱獄囚で間違いないという。
「牛山さんたちの方向で銃声が聞こえたぜ あっちでなにか別の揉め事が起きてる」
トニは土方に伝えた。
「ジャックを確保して急いで撤退する 奴は手負いだ 血痕を探せ」
土方はそう言い、犯人を捜し始める。

一方、尾形は驚いて身を引いたおかげで撃たれなかったが、銃の撃針がやられてしまったようだ。
宇佐美が落としていった銃を取りにいくことにする。
下へ降りようとしたとき、部屋の中を見て考える尾形。
「俺を助けたのか?まさかな… 俺の邪魔をするつもりか… 悪霊めが」

杉元と第七師団のメンバーはまだ酔っぱらっていた。
「てめえらにかまってる暇はねえ!! ジャックを捕まえないと…」
杉元は酔っぱらいながらも、強気な態度で動こうとしていた。
二階堂や鯉登少尉が杉元を狙うが、二人とも酔っぱらっていて素っ転んでしまう。
この時代のビールは、大瓶が一本22銭、白米は10キロ60銭程度だった。
「ああッ 俺の30年式!! よっしゃあ これでジャックザリッパーを仕留めてやるじぇ」
杉元は落ちていた自分の銃を見つけ、今度こそ犯人の元へ急ごうとする。
杉元はようやくアシリパがいないことに気付いた。

「…アイヌの金貨を見たことがあるか?」
アシリパは連れ出すための嘘に決まっていると言ったが、菊田はそう答えた。
アシリパはその言葉に一瞬止まる。
鶴見中尉と菊田はその金貨を見てアイヌの埋蔵金の存在を確認したようだ。
鶴見中尉はアイヌたちが持ち寄った砂金で作られた金貨だと言っていた。
「刺青人皮を見た時ピンときたぜ あの文様… 金貨はのっぺら坊が作ったものだ」
鶴見中尉ならもっと他にも知っていることがあると、会話をつづける菊田。
「さあ ついてこいアシリパ 親父さんが本当にアイヌを殺したのかどうか教えてやる」

アシリパの決意!

アチャの汚名を返上することよりも アチャから託されたアイヌの未来を優先させる
アシリパは少し無言だったが、菊田の誘いを断る。
「金塊を放棄しなければ お前の周りの人間はみんな殺されるんだぞッ アシリパッ」
菊田は受け入れず、アシリパに強く言う。
「いまさら そんな話か!!」
アシリパは断固として拒否していた。

そんなアシリパの背後に、宇佐美が忍び寄って捕まえようとしていた。
「嬢ちゃん 逃げろッ あんたが捕まったら一番困る」
すんでのところで、門倉が宇佐美の両足に突進した。
アシリパは急いで逃げ、近くの建物の中に入って行った。
「門倉部長~ このアバズレ!!」
邪魔された宇佐美は、ナイフで門倉を狙うがよけられてしまう。
転がりながら避けた門倉は、アシリパを追いかけようとしていた菊田をも妨害した。

それでも追いかける菊田。
建物のドアに近づいた菊田に、アシリパが矢を放つ。
「なんで俺ばっかり追いかけるんだ!!」
門倉部長は、またしても宇佐美に追いかけられていた。

一方、別の場所では…。
宇佐美の落とした銃を取ろうとしていたところを、撃つ頭巾ちゃん。
しかし撃たれたのは尾形ではなかった。
頭巾ちゃんが弾を装填している間に、尾形は宇佐美の銃を拾い建物の中へ逃げ込む。
頭巾ちゃんは撃ったが、尾形には当たらなかった。
「ははッ 何度も撃ち損じたな 機会はそうそう巡ってくるもんじゃねえぜ」

「10時の方向 奥になにかいる ネズミじゃなさそうだ」
土方組は建物の中で犯人を捜し、トニは気配を感じたようだ。
さらに血痕の形から奥へ移動したことにも気づく。
「この人達からは絶対逃げられないな」
夏太郎は、他のメンバーを見てそう言っていた。

肩を抑えていた犯人は、視界にアシリパを見つけた・・・。

以上、ゴールデンカムイ最新話【253話】の「父の汚名」のネタバレでした。

ゴールデンカムイ|最新話【253話】「父の汚名」の感想・考察

今回も杉元たちは酔っぱらっていましたね。笑
アシリパも菊田の誘いを団子として拒否!
門倉のおかげでアシリパは逃げ出したが…、逃げた先には犯人が!汗
アシリパさらなるピンチ!?

それにしても宇佐美は、また門倉を追いかけてましたね。笑

今回は、ゴールデンカムイ最新話【253話】の「父の汚名」のネタバレやあらすじ、感想や考察をまとめました。