ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ|最新話【254話】ネタバレあらすじ!「窮鼠」の感想・考察も 

ゴールデンカムイの254話のネタバレとあらすじ、感想を紹介。

2020年10月1日に発売された週刊ヤングジャンプ2020年44号に、ゴールデンカムイ最新話254話の「窮鼠」が掲載されました。

今回は、ゴールデンカムイ最新話【254話】の「窮鼠」のネタバレあらすじ感想考察をまとめていきます。

※ネタバレ注意です。

ゴールデンカムイ|最新話【254話】「窮鼠」のネタバレあらすじ!

前回のあらすじ

菊田の誘いを断固として断り、アイヌの未来を優先させると言ったアシリパ。
門倉が妨害してくれ、アシリパは近くの建物に逃げ込んだ。
しかし、そこには土方達から逃げていた犯人の姿もあった…。

門倉を追う宇佐美!

尾形は隠れながら反撃できる場所を探していた。
杉元達があまり警戒していなかったのは、狙撃手の仲間がいたからかと考えながら。

犯人が居るほうにいる夏太郎に、声をかける土方とトニ。
「いたぞッ」
夏太郎は犯人に向けて銃を撃つ。
犯人は床に伏せ、まだ逃げていた。
隠れている犯人の目に、「藁包(わらづと)」(箱詰めの際に関贖罪として使われていた)が映る。
建物内に炎があらわれた。
「火を放ったか!!」
永倉が叫び、トニをつれて夏太郎も外に出ようとする。
犯人もその間に移動していった。

一方、門倉を追いかけていた宇佐美。
階段を登っていた門倉は疲れて、宇佐美に追いつかれてしまった。
宇佐美は門倉の背後に抱き着き、お腹を触り言った。
このお腹…土方歳三に預けられた刺青人皮でしょ
門倉は違うと否定するが、宇佐美は門倉の服を破りだす。
土方は集めた刺青人皮を目の届かない場所には隠さなく、少しずつ分けているはずと鶴見中尉が言っていたようだ。
宇佐美が門倉のお腹周りの布を切ると、刺青人皮が床に落ちた。
「まだ持ってるんでしょ!? ほら出してください!!門倉部長!!」
うつぶせの門倉にまたがり、おしりをたたきながら宇佐美が息を荒くして言う。
「出してくださいよ!!」
そう言いながら、服をめくり背中を見た宇佐美は何かに気付き、驚いていた。

そんな時、足音が聞こえ宇佐美は刺青を懐にしまい、警戒しだす。
門倉はそのすきに逃げようとしていた。
あらわれたのは尾形。
尾形が気付いた時には、宇佐美は蹴りを入れていた。
尾形も負けずと応戦しだす。

アシリパvsジャックザリッパー

「行き止まりか…」
アシリパは建物の中で迷子になっているようだ。
そこへ犯人が現れ、声をかける。
「あなた その服…アイヌでしょ?」
警戒しているアシリパに、犯人は話し出す。
「ワタシ…アイヌの素晴らしい話聞きました」
アイヌの女しかいない島で、島の女性は東の風にお尻を当てると子供ができるという話。
「素晴らしい やっぱり女性はひとりで子供産めル」
感動して涙を浮かべながら、満足そうに話す犯人。
アシリパはそれを聞いて、昔アチャと話したことを思い出していた。

子供のころのアシリパ。
女しかいない島で東の風にお尻を当てると、子供ができる話を叔母さんから聞いたと話していた。
「ハボ(お母さん)もお尻に東の風を当てたから 私が生まれたの?」
アチャはアシリパに、ウオラムコテしたからだと答える。

アシリパはその男にその話誰から聞いたか尋ね、お前がジャックザリッパーだな?と確認する。
犯人は私たちの聖書にも同じ話があると言った。
「ダカラ あの女達は間違ってる!!」
ワタシがあの女たちの罪を聖なる水が赦さなければならないと言う犯人。
「そんなつまらないことで 女たちは殺されなければならなかったのか」
アシリパは犯人を見ながら言う。
「あなた 東の風にお尻当ててみてクダサイ 子供が出来るの確かめタイ」
あなたもそうして生まれてきたアイヌでしょ?と犯人はアシリパに言った。

「私は父(アチャ)と母(ハボ)がウオラムコテ(互いに心つける)… 愛し合って生まれたんだ!!」
犯人はそれを聞き、一気に表情が変わった。
アシリパは犯人の足をストゥで殴りつけた。
犯人は叫びながら膝を落とす。
その間にもアシリパはストゥを素振りし、犯人の顔めがけて叩き上げた。

以上、ゴールデンカムイ最新話【254話】の「窮鼠」のネタバレでした。

ゴールデンカムイ|最新話【254話】「窮鼠」の感想・考察

アシリパも無条件に犯人の標的にされるかと思いきや、アイヌの話に興味津々な犯人。
しかし、アシリパの答えを聞いて一瞬で表情が犯人の顔つきになっていましたね。汗
アシリパ危険!?と思い暇もなく、アシリパの強打が犯人を襲っていました。笑
このまま犯人を捕まえることができるのでしょうか?

そういえば…、宇佐美は門倉の背中の何を見て驚いたのかも気になりますね。

今回は、ゴールデンカムイ最新話【254話】の「窮鼠」のネタバレやあらすじ、感想や考察をまとめました。