ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ|最新話【255話】ネタバレあらすじ!「切り裂き杉元」の感想・考察も 

ゴールデンカムイの255話「切り裂き杉元」のネタバレとあらすじ、感想を紹介。

2020年10月8日に発売された週刊ヤングジャンプ2020年45号に、ゴールデンカムイ最新話255話の「切り裂き杉元」が掲載されました。

今回は、ゴールデンカムイ最新話【255話】の「切り裂き杉元」のネタバレあらすじ感想考察をまとめていきます。

※ネタバレ注意です。

ゴールデンカムイ|最新話【255話】「切り裂き杉元」のネタバレあらすじ!

前回のあらすじ

犯人を追い詰めていた土方達だったが、火を放たれ捉えることができなかった。

門倉を追いかけていた宇佐美は、追いつき刺青人皮を奪った。
そこへ、狙撃場所を探していた尾形も現れる。
宇佐美と尾形は戦いだした。

一方、犯人はアシリパと接触していた。
アシリパは犯人をストゥで殴りつけた。

犯人退治!

街ではビール工場の火が強くなってきたのを、街民が騒いでいた。
上ェ地も野次馬に混ざっている。
「札幌中の消防呼んでこい ありったけのポンプかき集めろ」
延焼を食い止めようと続々と蒸気ポンプが、消火活動を行いだす。
「いるいる みんないる!! よ~し ここしか無い!!」
火災現場近くまで来た上ェ地は楽しそうに、はしごを見ていた。

再び殴ろうとしているアシリパだったが、犯人に服を掴まれてしまう。
「愛し合って生まれた子供? 嘘ダ!! あの女と…同じことを!!」
アシリパは離せというが、犯人は掴んだまま話し続けた。
「あの汚い娼婦… ワタシを自分の息子だと… 王族の男と愛し合って生まれた子供だって…」
犯人は、その女に私の子なら痣があるといわれていた。
「手を離さないと毒矢で刺す!!」
アシリパは服を掴んだままの犯人を脅すが、犯人は離さない。
「ワタシは処女の母から生まれた神の子だ…」
アシリパは恐怖で青ざめていた。

「おい相棒 そいつは俺の仕事だろ?」
アシリパの背後から杉元が言う。
「誰から生まれたかよりも 何のために生きるかだろうがッ」
気持ち悪い理由で殺しやがってと杉元は言った。
犯人は杉元を狙ってナイフを振るが、杉元は躱して犯人の腹を切り裂き、腸を引き釣りだした。
続けて犯人の喉元に刺し、窓から犯人を蹴り落とす。
下に落下した男に気付く牛山。
牛山が上を見ると杉元が落ちてきた男を睨んでいた。
「なるほど… ってことはお前が連続殺人事件の犯人か」
お前の中では娼婦は罪人でも俺にとっては観音様だと、虫の息の犯人の頭を踏み潰した。
刺青人皮 残り2枚!!

尾形と宇佐美

一方、尾形を殴りつけていた宇佐美。
「誰が「安いコマ」だ?ええ?」
尾形は銃を向けるが、宇佐美は銃の弾を抜いてしまう。
弾を詰め替えようとカバンに手を伸ばした尾形。
宇佐美は尾形の腕を取り、投げ飛ばす。
投げられた尾形は何かを考え、床をはいずりだす。

「ほらな… 銃が使えなきゃ お前は何にも出来ない!!」
宇佐美が話している間に、銃まで這いよった尾形は口に銃弾を加えていた。
「商売女の子供の分際でッ 誰に向かって安いコマとかぬかしてるんだ!?」
それだけは言っておきたかったと、満足にゆっくりと尾形に刀を下ろそうとしている宇佐美。
尾形は口にくわえた弾を銃に込め、宇佐美に銃口を向けた。
宇佐美はようやく気付くが、尾形の銃は宇佐美にヒットする。

以上、ゴールデンカムイ最新話【255話】の「切り裂き杉元」のネタバレでした。

ゴールデンカムイ|最新話【255話】「切り裂き杉元」の感想・考察

ついに犯人退治完了!
杉元ようやく活躍しましたね。笑
あっさりと犯人撃破です。

宇佐美と尾形の対決も決着?
尾形は宇佐美に結構やられちゃっていますが、頭巾ちゃんとも勝負するのですかね?

上ェ地も工場に来ましたが、何をするつもりなのでしょうか?

今回は、ゴールデンカムイ最新話【255話】の「切り裂き杉元」のネタバレやあらすじ、感想や考察をまとめました。