ハイキュー!!

ハイキュー|最新話【396話】のネタバレ・あらすじ!「空腹・2」の感想も!

2020年6月8日発売日の週刊少年ジャンプ2020年27号にハイキュー!!の最新話【396話の】の「空腹・2」が掲載されました。

第3セット セットポイント、BJ24-23アドラーズ。ソロコフのサーブで始まる。選手それぞれの「強さ」を求める戦いが火花をちらす。そして第4セットへ

最新話396話ネタバレ感想考察をまとめた記事になります。

※ネタバレ注意!

ハイキュー|最新話【396話】の「空腹・2」のネタバレ・あらすじ

接戦のBJ対アドラーズの試合は、選手達の、飽くなき強さを追い求める姿がそこかしこに
垣間見える戦いとなっていた。

BJブラックジャッカル

BJ24-23アドラーズ。

一進一退の攻防を繰り広げる試合展開は会場の熱気を一段と熱くしていた。

選手達のボルテージも上がり、観客を巻き込んで「全員選手」の様相を呈していた。

その中で、アドラーズ、ソロコフのサーブがBJのコートへ打ち込まれる。

 

それを犬鳴がレシーブ。浮き上がったボールを宮がトスをすると、その背後に日向が紛れ込み、佐久早がバックから飛びだして強烈なバックアタックでアドラーズ側へと返す。

 

相手のブロックは二枚。佐久早のアタックはものともせず打ち破る。

その強打はアドラーズ側も受けきれないと思われたが、アドラーズの選手も
ただ見ているわけではなかった。

シュヴァイデン・アドラーズ

佐久早のバックアタックがアドラーズ側のブロックを跳ね飛ばし、ボールはコートに入るかと思えたが、牛島が拾う。

 

しかし、ボールは流れてしまい、コートの外へと向かう。

 

そこへロメロが突進してきた。

足のつま先でボールをつかむと、コートの中へと戻す。

 

Pega!(繋げ!)

 

鬼の形相で叫ぶロメロの思いが、チームメイトはもとより、BJのメンバーにも伝わっていた。

ポルトガル語はわからなくても伝わるロメロの気迫に満ちた言葉の本当の意味。

 

それは「繋がなかったら殺す」という意味だと選手達はとらえた。

 

ロメロの鬼気迫る圧は、選手達を脅かすことは全くなく、むしろ逆に士気を高める
ことになった。

飢えとは

ロメロの声に、「当然だ」と星海がBJコートにボールを叩きつける。それに反応した佐久早は日向に声をかけ、日向もそれに応えた。

 

日向のトスに宮が飛び上がる強い奴ぜんぶ倒す!と強烈な一撃を相手コートへ叩きこんだ。

そのボールを「俺の方が強い」と牛島が返す。

戻ったボールを宮が拾うと、次は日向がトスの態勢をとる。

 

日向はとっさに状況を把握すると、空中でセットポジションを変更し「左手」でアックを打ち、ツーアタックで返した。

 

第3セット終了。

 

BJ25-23アドラーズ セットカウント2-1

画面越しに応援している穴原監督や加藤も日向の成長に喜んだ。

高さというものに対する圧倒的な飢えとは、体格の代わりに与えられたもの。と話していた鷲匠監督の言葉を、日向の成長が裏付けていた。

第4セット開始。宮のサーブで幕を開ける。

ハイキュー|最新話【396話】の「空腹・2」の感想や勝敗予想も

勝敗予想は混迷してきました。一体どちらが勝つのか、ハラハラしますし、どちらが勝ってもおかしくない展開です。

それにしても、ロメロの気迫あふれる表情は怖かったですが、その言葉に対して、選手達が前向きにとらえるところが、印象的です。

 

勝ち強さにこだわるところは勝負師ですね。

 

そして日向。器用でした。空中で態勢をかえるなんて。しかも、牛島と同じ「左」打ち!
日向もまだまだ成長途中ということで、どこまで強くなるのか楽しみです。

勝敗は引き続き行ったり来たりでなかなかわかりづらいですが、そろそろ終局を迎えそうです。

最後の最後、誰にとっても納得のいく結果となるのでしょうか。

まとめ

宮や牛島の「強さ」に対する貪欲さの反対に、佐久早の声にボールを追う日向の

生活がかかっているバレー

 

と考えている天然なところの対比も面白かった【396話】ですが、次回はどんな強さを見せてくれるのでしょうか?

次回ハイキュー!!【397話】を楽しみに待ちましょう。