ハイキュー!!

ハイキュー!!|最新話【398話】のネタバレ・あらすじ!「遠きに行くは必ず近きよりす」の感想も!

2020年6月22日発売日の週刊少年ジャンプ29号ハイキュー!!|最新話398話】の「遠きに行くは必ず近きよりす」が掲載されました。

接戦の続くBJ VSアドラーズ。牛島からのボールを受けようとする日向は、どうにかレシーブの体勢でその手にボールを乗せた。

ハイキュー!!最新話398話】の「遠きに行くは必ず近きよりす」のネタバレあらすじ感想考察、まとめの記事になります。

ネタバレ注意。

ハイキュー|最新話【398話】の「遠きに行くは必ず近きよりす」のネタバレ・あらすじ

BJ 10VS 9アドラーズ。とうとう牛島と日向の
一騎討ちとなった。

牛島 VS 日向

バレーを始めてこれまで、たくさんの強い選手達と
戦ってきた日向。その中でも牛島の強さは段違い。
未だに勝てていない。

 

高校を卒業してからも、バレーを続け、ようやく
再び牛島を相手にコートへ立つことができた今、
日向は牛島のボールを受ける体勢となった。

 

これまでのことを思い返しながら、牛島を見つめる
日向。その視線の強さは牛島にも伝わっていた。
だからこそ、ボールに乗せる力も強くなる。

 

牛島がネットの上から放ったボールを受けた日向。
その強大な力に日向の体が揺らぐ。そしてボールも
上空に上り、BJ側ではなくアドラーズ側へと
流れた。

 

牛島のボールを受けてバランスを崩した体を
どうにか持ちこたえた日向がは、次のボールに
備えて立ち上がる。

 

しかし、受けたボールの力が強かったため
すぐには復帰できなかった。それでもコート
に膝をつくことはなく、しっかりと立ち上がる。

次の一本

日向がかろうじて拾った牛島のボールはアドラーズ
のコートへと流れた。日向が体勢を整えている間に
アドラーズ側もオフェンスへと選手達が動く。

 

もちろん牛島も動いた。「もう一本」
再びボールを見つめて飛び上がる牛島。
その先にはBJ側のブロックが二枚。

 

トーマスと佐久早の二枚ブロックをもの
ともせず牛島のアタックはボールをBJ側
コートに打ち付ける。誰もがそのボールの
行方に注目した。

 

その先にいたのは日向だった。

 

牛島のボールはまるで日向の真正面を狙って
打ったかと思う程日向めがけてやって来た。
それを予想していたかと思う日向の位置取り。

 

観客から歓声が飛ぶ中、日向が牛島のボールを
打ち上げた。日向は牛島の強打をキレイに
打ち返した。

努力は報われる。

これまでの日向はよくコートに膝をつくことが
多かった。ボールを受けてバランスを崩しては
倒れ、膝をつき、何かあるとコートに崩れ落ちる
日向。

 

しかし、今の日向は違った。どんなにキツイ体勢
からでも、膝をつくことなく踏ん張り、
立ち上がる。そしてすぐに次の体勢へ切り替える。

 

高校バレーから単身海外へ渡り、日向の日常は
日々自分との戦いでもあった。ろくに話せない
こともそうだが、生活習慣の見直しは必須だった。

 

その日常の積み重ねが、努力が、しっかりと
身についていたことが、今回の試合でハッキリ
と現れた。日向は確実に成長していたのだ。

ハイキュー|最新話【398話】の「遠きに行くは必ず近きよりす」の感想!

牛島との視線の絡みからボールのやり取りまで
二人の熱い思いと、日向の成長がうかがえる
今回の話となりました。

 

牛島も日向という存在にワクワクしているように
見えます。どんどんボールが強打化している気配。
がしてなりません。どこまで強くなるのでしょう。

 

そしてそれを受ける日向も相当です。これまでの
努力が報われているというか、身体に染み付いて
条件反射で動けている感じすらします。

 

この接戦の中、常に頭の中は冷静で、頭と身体の
動きが上手く連携できていて、動きに無駄が無く
なってきている様子。

 

この日向の行動の成長は誰もが認める所。
敵方の牛島まその一人でしょう。
完全に日向を狙って渾身の力を込めて
打ち込んでいるようですしね。

 

会場全体と選手全員がハイテンションで、
これからも見せ場がどんどん出てきそうな
予感がします。

まとめ

日向がとうとう牛島と並ぶか?まだ早いかな?

次回、ハイキュー!!399話】を楽しみに待ちましょう。