ハイキュー!!

ハイキュー!!|【401話】のネタバレ・あらすじ!「約束」の感想も!

2020年7月13日発売日の週刊少年ジャンプ
2020年32号ハイキュー!!401話】の
約束」が掲載されました。

試合終盤、影山と日向のネット越しの一騎打ち。
そして、試合は終局へ。

401話】の「約束ネタバレあらすじ
感想考察をまとめた記事になります。

※ネタバレ注意!

ハイキュー!!【401話】の「約束」のネタバレ・あらすじ

影山と日向、空中戦を制するのはどっちだ!?

空中戦再び

ネット越しの攻防戦は影山と日向。日向より上背の
ある影山を、下から襲うように日向が上がって来る。
二人の距離が近づき、浮き上がったボールを挟む。

 

日向がアタックしたボールは影山のブロック左手に
かかり、BJコートに落ちる。が、空中からコートへ
降りる間に日向は足でボールを拾った。

 

それを見逃さずに取りに来た木兎。レシーブの
先にいたのは宮。コートに着地する日向に代わって
宮がアタック。

 

ボールはアドラーズコートへ入り、牛島の左横を
バウンドする。牛島は拾うことがでず、見送り。
BJが一点をとった。

試合終了

宮のアタックが試合終了の合図となった。
歓喜に沸く会場。満面の笑みでガッツポーズの
日向。対し、悔しさに顔をゆがめる影山。

 

選手達それぞれが、これまでの思いを表情に、
態度に現し、観客との一体感の中、長かった
試合が終わった。

 

BJ 対 AD セットカウント3-1

 

勝者MSBY(ムスビィ) BLACK(ブラック) JACKAL(ジャッカル)
1セット目→BJ25-21AD

2セット目→BJ20-25AD

3セット目→BJ25-23AD

4セット目→BJ26-24AD

 

会場からは、選手達に感謝と称賛の歓声が
響き渡り、選手達も疲れを見せず、それに
応える。

 

影山と日向はまだネット越しで向き合っていた。
高校の時からの対影山、通算全勝率回数。
今回の試合で、日向1096勝/1100敗となった。

 

会場に試合終了のアナウンスが流れる。
今シーズン開始にふさわしい最高の試合が
終了し、今シーズンの全試合が楽しみに
なったと告げた。

 

試合が終了し、選手達はそれぞれに、ファン
サービスや取材を受けていた。

それぞれの試合終了後記

日向がベンチに戻っていると、ロメロから
から、次は負けないぞと声をかけられ、少し
テンパルも、ロメロの息子からの写真撮影に
快く応じた。

 

そのころ木兎は、週刊少年ヴァーイの雑誌
インタビューに答えていた。
担当の赤葦と、常人には理解できない
「普通の状態」について語る

 

そして次に日向の前に現れたスーツの男。

 

現、日本バレーボール協会競技普及事業部の
黒屋である。別件なのか本件なのか、
「世界のKOZUKEN」とのコラボ動画に出演
しないかと、日向い持ちかけていた。

 

なにも考えず、二つ返事の日向。その姿を見た
宮と佐久早は哀れな目で日向をみつめていた。
一方もう一人インタビューを受ける選手、星海。

 

今回の日向の成長ぶりに、若干抜かれた感がある。
と認めつつも、記者の「ライバル出現」発言に
日向をはじめ、自分達が世界を倒す。と豪語した。

 

影山はファンサービスの途中、会場を後にしようと
している金田一と国見の二人を見かけ、また一緒に
バレーをしようと声をかけた。

 

影山の声に答える二人。二人の顔には、ほっこりと
した笑顔が浮かんでいた。そして、影山の顔にも、
笑顔が……。

未来への出陣

2021年 有明アリーナ東京オリンピック
バレーボール会場

 

困難を乗り越えて我らはここに立つ

 

この言葉を合言葉に、日本代表がオリンピックの
コートに立つ。影山・日向の変人コンビが、
ついに世界の大舞台に出陣。

ハイキュー!!401話】の「約束」の感想!

ようやく終了した、BJ対ADの試合。
シーズン最初の試合とは思えない程、白熱
した試合展開で、観客も大いに盛り上がり
ました。

 

それ以上に、妖怪世代の選手達も盛り上がり、
それぞれの成長を見せつける場にもなり、さら
なる高みを目指すきっかけをつかむ試合になり、
いいことずくめで、大団円。

 

2021年東京オリンピック。妖怪世代の
大暴れっぷりが見ものです。

まとめ

とうとう最終回を迎えるハイキュー!!ですが
オリンピック編をじっくり読みたい!と思って
いる方は多いはず。

読みたいですね~。

次回、ハイキュー!!|【402話最終話!期待に
胸を膨らませ、楽しみに待ちましょう。