ハイキュー!!

ハイキュー|最新話【394話】のネタバレ・あらすじ!「幸運な我ら」の感想も!

2020年5月25日 週間少年ジャンプ 25号で、ハイキュー!!の最新話【394話】が掲載されました。

393話から続くBJ VSアドラーズの対決の中で語られる、佐久早の回想と牛島のこと。

今回はハイキュー!!の最新話【394話】のネタバレあらすじ、「幸運な我ら」の感想をご紹介します!

※ネタバレがあるので見たくない人はスルーしてください。

ハイキュー|最新話【394話】の「幸運な我ら」のネタバレ・あらすじ

393話から続くBJとアドラーズの試合のなか、日向と同じコートに立つ佐久早は高校時代のことを思い出していた。

アドラーズ所属の星光とBJ所属の日向。バレーをするには「体格」に恵まれず、「運がない」ように思えた二人。

 

だが今この場所で、一際目立って活躍している二人をみていると、「体格」の「運のなさ」など関係ない。この場所にいること自体、彼らが強いということをしめしている。と感じた。

 

 

星光と日向の「高度な空中戦」を見ながら、ロメロの2度目のサーブを美しいレシーブで佐久早は返した。

古森からみた佐久早という男

コートに立つ佐久早の姿を見つめる古森は「弱点のない男」と佐久早を評した。

 

佐久早がバレーを始めたのは、古森が誘ったからだが、誘った古森もまさか本当にバレーをするとは思っていなかった。

佐久早は一人でいることを好み、あまり物事に感心のないタイプ。バレーをはじめたのも、「やりたいことがないから」はじめた程度だったかもしれない。

 

が、もともとの「中途半端」か嫌いで、やりはじめたら「とことんやる」性格もあってバレーをはじめたからの練習の仕方は古森も引くほど。

 

今もなお佐久早は「完璧」を求めている。

佐久早と日向

相手のスパイクがやって来た。佐久早が、高度な回転をかけて、ブロックアタックし、チームの得点につなげる。

佐久早はこの時、日向が入団してきた日のことを思い出していた。

 

不用意・不注意な人間を好まない佐久早は、以前体調不良で、試合を退場した日向のことを「体調管理のできない奴」として、避けてきた。

 

しかし日向は「学習した」、と言って目を輝かせていた。

 

同じコートに立つ今、「学習」の成果はあり、チームに貢献できている日向をはじめ、このコートにいるすべての人が、注意を払って生きている人たちだと確信した。

佐久早と牛島

佐久早の成長に欠かせない人物が一人。白鳥沢の牛島だ。

日向と違い、トイレから出てきて、ハンカチで手を拭き、手を拭いた面を裏に折っていた牛島、潔癖症の佐久早からすれば、牛島の行動は納得のいくものだっただけに、好感が持てたのだろう。

 

それだけではない。牛島の強さにも一目置いていた。試合の度に牛島に勝てないなか、黙々と練習に励みんでいた佐久早。だが、佐久早が、その強さの理由を聞くと、

 

「練習しているから」や「運がいいからだ」としか返事がなく、佐久早には納得できないものだった。

 

それでも牛島との対戦は佐久早にとって楽しみなことだった。

 

そして、春高――

 

牛島は欠席。白鳥沢は敗退。この大会では佐久早の井闥山も主将・飯塚が足を負傷し、逆転負けをしている。

主将の飯塚が準備万端だったのにと男泣きし、「本当に来る最後の試合は絶対笑って終わる」と言った。

 

この言葉を聞いて、佐久早は自分の中の“理想の最後”について考えるようになった。

 

「笑って」や「勝って」には興味がないが、「いつ終わってもいい」ように、毎日注意深く手を尽くしてきた。そしてこれからも。

ハイキュー|最新話【394話】の「幸運な我ら」の感想や勝敗予想も!

前回から引き続きの試合状況ですが、はじめはどちらか一方の優勢勝ちかと思いきや、なんとなくこのまま接戦に突入する予感がしてなりません。

勝敗予想をするなら、今回のストーリーが、佐久早を中心に進んできて、牛島で終わ
っていることから、単純にBJ勝利か?といきたいところですが、アドラーズも星光の絶好調でこのまま進みそう。

 

しかしBJには主砲、オリバー・ハーンズがいて、まだコーナーには出てきていない。

 

このまま出さずにいくこともありかな。とは思いますが、主砲たるもの出てきてバッチリ勝利を決めていただきたいと思います、

まとめ

星光からの佐久早。そして佐久早からの牛島。で、次回は牛島中心のストーリーで進みそうな予感です。

試合に欠席で、学校も敗退では、ちょっとね…。牛島の回想や何やらで、その辺をクリアにしてかれるのではないかと期待しております。

では次回週間少年ジャンプ26号を楽しみに待ちましょう。