僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)|最新話【286話】の「僕らの中の人」のネタバレ・あらすじ感想考察も!

ヒロアカの286話「僕らの中の人」のネタバレとあらすじ、感想を紹介

2020年10月5日に発売された週刊少年ジャンプ2020年44号に、僕のヒーローアカデミアヒロアカ最新話286話の「僕らの中の人」が掲載されました。

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話【286話】の「僕らの中の人」のネタバレあらすじ感想や考察をまとめていきます。

※ネタバレ注意です。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)|最新話【286話】の「僕らの中の人」のネタバレ・あらすじ

前回のあらすじ

腕が使えなくなってしまうかもしれなくても、攻撃を続けるデク。
死柄木は回復が追い付かなく、防御に徹していた。
下から見ていた爆豪は、時間がかかれば負けると冷静に判断していた。
轟とエンデヴァーを連れ、爆風で死柄木に近づく爆豪。
エンデヴァーはタイミングを計って、最高火力の技を死柄木にくらわす。
しかし、死柄木の中のオールフォーワンが現れ、エンデヴァーを返り討ちに!
続けてデクを狙った攻撃が来るが…。
デクを突き飛ばし、攻撃を受けたのは爆豪だった。

デクの怒り!

「一人で…勝とうと…っ してんじゃ ねぇっ」
デクを突き飛ばし、死柄木の攻撃をくらった爆豪は落ちていく。
轟が来て、空中で落下しかけていた爆豪の足を掴む。
轟は、エンデヴァーも抱えていた。

「…今日の闘いで無駄な血が多く流れたが… 今のが 最も無駄だった
死柄木はそういいながら、再びデクに向かって攻撃をしかける。
『怒りのままに力を振るえば力は応える 肝心なのは心を制する事さ』
デクはその言葉を思い出しながら、イレイザーヘッドやグラントリノを思い浮かべた。
デクは死柄木の言葉に怒り、別人のように豹変している。
死柄木の伸ばしてきた鞭?を引き裂き食い千切った。
取り消せ

死柄木の顔が割れる。
割れた死柄木の顔の間から何かがこちらを見ていた。

一方、大阪府の砂色市(さいろし)を通過しているグラントマキア。
街を壊しながらいまだに北上し続けているグラントマキア。
何かに気付いた。
主の匂いが 2つ…??

蛇腔市郊外では、ヒーローたちが救助活動を行っていた。
市民の誘導は救助隊や警察に任せ、ヒーローたちはこれから大型敵の進路先へ。
「死柄木の元へ向かった者たちはまだ状況を知らないハズだ!伝達を頼む!!」
通信障害によって連絡が取れないためヒーロー数名が、伝達をするために向かうようだ。
「行くぞ 走れ!! 少しでも速く!! 一人でも多く…命を救え!!」
麗日は思っていた。
(事態がよくならない あの日から まるで 日が沈むにつれて 影が伸びていくような)

死柄木の中

「緑谷ァ!!!!」
落ちながら轟は、デクのほうを見て驚きながら叫んだ。
死柄木の手がデクの顔に触れていた…。
「やっと 触れた 貰うよ ワン・フォー・オー――…」
そう言いかけた死柄木だったが、何かに邪魔されたかのように言いとどまった。

気づくとデクの意識は黒いだらけで、違う空間にいた。
遠くに死柄木がいた。
「出て…くるな…っ!」
死柄木は自分の身体から出てきている、ワンフォーオールを抑えようとしている。
「そうは言っても 僕が力を貸さなきゃ 死んでたし 生きてたとしても落下死だったぜ?」
そう言われ、死柄木は答えた。
「黙ってろって…!!言ったろ先生…!!これは―― 俺の意思だ 俺の夢だ…!!」

その言葉を聞いてデクはワンフォーオールだと気付き、慌てて向かおうとする。
しかし、うまく動けず倒れてしまう。
「君はまだこの世界で動けない」
そう言いながら、デクの頭をなでるナナ。
私たちがなんとかする

以上、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話【286話】の「僕らの中の人」のネタバレでした。

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)|最新話【286話】の「僕らの中の人」の考察・感想

爆豪がやられ、デク凄く怒っていました。
無駄と言われて余計に腹が立ったのでしょうね。
そして、とうとう死柄木に触れられてしまいました!!
死柄木は自分の身体の主導権を渡さないように、中で抵抗していたのですね。
デクの中からもナナが現れてきました!
死柄木を止めることができるのでしょうか?

今回は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話【286話】の「僕らの中の人」のネタバレやあらすじ、感想や考察をまとめました。