呪術廻戦

呪術廻戦│最新話【119話】のネタバレ・あらすじ!「渋谷事変㊲」の感想も!

2020年8月31日発売日の週刊少年ジャンプ
2020年39号呪術廻戦最新話119】の「渋谷事変㊲」が掲載されました。

二つの斬撃「」と「(はち)」を持つ宿儺。
そして領域展開「伏魔御厨子
魔虚羅は耐えられず息絶えた。

最新話119話】の「渋谷事変㊲」のネタバレあらすじ
感想考察の記事となります。

※ネタバレ注意!

やっぱり文字だけじゃなくて絵付きで最新刊・最新話を読みたいという方はこちら↓の今すぐ無料で読む方法を試してみてください☆

呪術廻戦最新話・最新刊を無料で読む手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②最新刊 →「呪術廻戦」を1冊を読む
②最新話 →「週刊少年ジャンプ」最新刊を読む
③関連作や他のアニメの見放題動画を視聴

\漫画1冊・最新話が無料で読める/

※31日以内に解約すればお金はかかりません

<<呪術廻戦を全巻無料で読めるか調査した結果!>>

呪術廻戦│最新話【119話】の「渋谷事変㊲」ネタバレあらすじ。

宿儺の領域

他のモノトは異なる結界で、空間を分断せず展開される宿儺の領域展開。

 

結界を閉じずに領域を具現化するという神業で作り上げられた

 

伏魔御厨子

 

必中効果の最大半径は約200m。
相手に逃げ道を与える「縛り」で効果を底上げ。

 

今回は伏黒恵への影響を考慮し半径140m地上のみで領域展開された。

まさに宿儺の思い通りに自由自在に広がる領域。

魔虚羅はその中で厳しい闘いに身を置くこととなった。

魔虚羅、死す。

魔虚羅との最初の手合わせにおいて宿儺が理解したことがある。

 

それは斬撃「」では魔虚羅に致命傷を与えられないということだ。

 

斬撃を繰り出しても、魔虚羅は「再生」する。
そこで二つ目の斬撃「(はち)」で対抗することにした。

 

」が無機物に対して必中効果をあらわす。

 

対して「(はち)」は呪力を持つモノに効果をあらわす。

 

その効果も領域展開が消えるまで続き、絶え間なく術が降り注ぐのだ。
呪力を帯びた魔虚羅はその斬撃「(はち)」の餌食となる。

 

豪雨となって降り注ぐ斬撃の雨。
その身を守るすべも傷を「再生」する暇もない。
傷つけられていく身体は斬撃の圧力で地面に押し付けられていく。

 

そして、とうとう地面に膝をつくこととなった。

 

渋谷の街は宿儺の「」によって無機物のビルは粉々になっていく。

 

再生」が追い付かなくなった魔虚羅も最終局面を迎えた。

 

最後の一矢が魔虚羅を貫く。宿儺の炎の矢は魔虚羅を消滅させた。

呪詛師 重面春太

魔虚羅の八法陣を手に伏黒恵と呪詛師の元へ戻る宿儺。
怯えてあっけにとられている呪詛師に「去ね(いね)」と一言声をかける。

 

呪詛師 重面春太。彼の術は「奇跡を貯める」というものだった。
日常のラッキー(奇跡)を記憶の中から抹消することで効力を発揮する。

 

そのカウントは目元に模様で表されているが、本人に自覚はない。

 

今回、伏黒恵の式神魔虚羅からの脅威。
宿儺の領域展開や斬撃の雨。
この二つの災難から生き延びた重面。

 

自分のラッキーを喜び、生き延びた事を感謝しながら走って逃げる。

 

しかし……。

 

その身体は縦に亀裂が走り身体の前と後ろで切り裂かれ、朽ちた。
七海との闘いで重面のラッキー(奇跡)の蓄えはとうに尽きていた。

 

一瞬の喜びの後のアン・ラッキー

 

呪詛師、重面春太。魔虚羅刹と共に宿儺の斬撃の餌食となった。

 

そんな呪詛師のことは意に介さず、虎杖の身体の手をジッと見つめる。
軽く「そろそろだな…」と呟き、助命した伏黒恵の側を離れた。

 

そこへ家入達がやってくる。
伏黒恵を発見、虎杖の姿を確認したが、虎杖の姿はすぐに消えた。

 

伏黒恵は助命されたものの、虎杖はどうなるのか。

呪術廻戦│最新話【119話】の「渋谷事変㊲」感想。

宿儺の領域展開は最強。
魔虚羅もやられてしまいました。
もう少し引っ張ってもらいたかった。

 

しかし斬撃の雨あられというのは恐ろしい。
あれだけ降ってくると斬撃を受けているのかどうか……。
わからなくなってきそうです。

 

宿儺は最初の手合わせで魔虚羅の技を見抜いていたようです。

 

さすが百戦錬磨の両面宿儺。

 

二つ目の斬撃「(はち)」で対応。
容赦ないです。

 

再生」されると厄介ですしね。
しかし八法陣での「再生」もすでに二回使っています。
八法陣で八回「再生」できるとするなら残り後六回。

 

こまめに「」で闘っても勝てたのでは?
あんまり時間かけるのは好きではないのでしょうか。
いたぶる趣味は無さそうですね。

 

スッキリ、サクッとかたをつけるアッサリ感。
ネチネチするよりはいいかも。
宿儺の性格もアッサリ派のようですしね。

 

領域展開も伏黒恵に影響が出ない半径に抑えたり。
とても丁寧な扱いでビックリです。

 

魔虚羅との闘いを終えた後も伏黒恵のいる場所まで戻り、
呪詛師にも声をかけるなど。

 

呪詛師の場合は眼中にない感じでしたけど。
悪者なのか良い者なのか。

 

今回は本当に「カッコいい」ヒーローっぽさ満載の宿儺ですが。
そろそろだな」という言葉は意味深。
虎杖の身体をまるっといただく頃合いが近いということでしょうか。

 

助命された伏黒恵。乗っ取られかけている虎杖。
宿儺は一体何を企んでいるのか。

 

次は伏黒恵回復と、宿儺の次の展開の2パターンで話が進むか?

なんだか冴えない呪詛師、重面春太。
小さなラッキーを貯め込んでいたのにね。
残念。

次回、呪術廻戦120話】を楽しみに待ちましょう。