呪術廻戦

呪術廻戦|最新話【114話】のネタバレ・あらすじ!「渋谷事変㉜」の感想も!

2020年7月13日発売日の週刊少年ジャンプ
2020年32号呪術廻戦最新話114話】の
渋谷事変㉜」が掲載されました。

いきなり出てきて、いきなり自死した甚爾。
そのおかげで一命を取りとめた伏黒の背後に
刃の影が……。

最新話|【114話】の「渋谷事変㉜
ネタバレあらすじ感想考察をまとめた
記事になります。

※ネタバレ注意!

呪術廻戦|最新話【114話】の「渋谷事変㉜」のネタバレ・あらすじ

どうにかして家入のもとへ駆け付けたい
伏黒。追いかけてきた甚爾はなんと自死。

伏兵

何とか家入のもとへ行こうと走り回っている
うちに、軽く甚爾とやりあうことになったが、
なんと甚爾が伏黒の目の前で自死。

 

わけがわからないが、命拾いしたことを良しとし、
一時真希達の安否も気になるので、引き返そうと
痛めた脇腹を押さえつつ動き出したその時。

 

伏黒の背後に人影が現れた瞬間、刃が振り
下ろされ手負いの伏黒の背中を切りつけた。
気配を察知できずに倒れこむ伏黒。

 

せっかくの好機は一転、家入や真希のもとへ
行くどころか、大ピンチに見舞われることに
なった。

高専術師も色々

23時01分 渋谷ストリーム前

 

日下部とパンダが一般市民の保護や誘導の
ために動いていた。が、それはとうに終わっていた。
本当ならすぐに最前線へ向かうところだが、日下部は
時間を稼いでいた。

 

パンダが最前線へ行こうと言い出すと、色々理由を
つけてはパンダの気をそらし、最前線へ行くことを
遅らせていた。

 

もちろん、死にたくはないし、面倒ごとに巻き
込まれることがいやなのが本心で、それを言う
わけにもいかないので、パンダをごまかし続けて
いたのだ。

 

しかし、そんな浅知恵がいつまでも通じる
わけはなく、とうとう敵にみつかることに
なる。

日下部の判断。

日下部とパンダの前に現れたのは、夏油の配下、
菜々子と美々子の仲間、ファミリーの者達だった。
しかし、呪力的には低いと判断した日下部。

 

パンダの予想通り、前に出ている二人以外に
数人背後に潜んでいるのが気配で感じとれる。
だが、どれもそれ程強さを感じない。

 

できるだけ最前線、副都心B5Fへは行きたくない
日下部は、目の前の敵を利用し、この場に
留まらざるおえない理由に使うことにした。

 

まずは、常套手段「話し合い」から、始めた日下部。
日下部の問いかけに、相手は「夏油の遺志を継ぐ者」
と答えるだけ。

 

そして、術師を傷つけるのは本意ではない。
とも話し、日下部達に投降することを進めて
きた。だがさすがの日下部も投降することは
考えない。

夏油ファミリー

夏油ファミリーの一員の二人。菜々子達とは
意見が合わず、もう一人の仲間ラルゥから、
別行動することをすすめられ、離れていた。

 

日下部の前に立つ二人は肉体よりも遺志の尊重。
ラルゥはどちらも正しいと言ったが、自分は
どちらにもつかないと語った。

 

別行動の菜々子と美々子は渋谷構内で死亡している。
その情報が二人に知らされているかは、不明だが、
二人にとっては夏油の遺志こそが全て。

 

いま自分達ができることを成す。その使命感で
行動するのみ。ラルゥの言ったように、いつか
ファミリーでもう一度食事をすることはなく
なったが、そこに悲しみはない。

避けたはずの最前線は目の前に…。

自分の命を守るため、勝てない戦いに身を投じる
ことはしない日下部。今目の前にいるのは、
勝てる相手と判断し、居合の体勢をとる。

 

すると相手も臨戦態勢を指示した。今まさに
一戦という時に、突然、日下部の目の前、敵の
背後にあるビルが轟音をたてて崩れ去った。

 

音と共に何かが飛び出してくる。
それは、呪霊の漏瑚だった。それだけでは
ない。宿儺もまた漏瑚を追ってでてきた。

 

厄災は避ければ避ける程、寄ってくるのか、
副都心への援護を躊躇したツケがまわって
きたような現場に身を置くことになった
日下部。万事休すとなるか?

呪術廻戦|最新話【114話】の「渋谷事変㉜」の感想

甚爾とのバトルを避けることができたのも
つかのま、伏兵の刃にやられた伏黒。家入の所
までたどり着けずここでやられてしまうのか?

 

そんなヤワな男ではないと思いつつ、ここまでで、
体力も限界までそがれている伏黒。援護が
なければ難しいところでしょう。

 

七海達のなかで助けに来られそうなのは、
やはり真希でしょうか。真毘人もまだいける
かもしれません。どうにか合流して、みんなで
家入の所まで行ってほしいですね。

 

そして登場の夏油ファミリー。菜々子・美々子
双子姉妹以外の登場です。が、考え方の違いと
夏油への思いの方向性の違いもあり。別行動を
とった故に菜々子達の最期にはたちあえず。

 

その場にいたからどうというわけでは
ありませんが、ラルゥの言うように、
ファミリーとして、再び共に食事をする。
という望みが叶わないのは悲しいことです。

 

この夏油ファミリーを前に日下部の守りに
はいった姿勢はいかがなものかと思いますが、
正直、誰だって死にたくありませんから。
人間的ではありますね。

 

ただ、副都心へ行くのを拒み続けた結果が
漏瑚と宿儺のバトルに巻き込まれるあたり
ついてない。

 

果たして日下部は次、どんな判断をくだすのか。

まとめ

どう見ても宿儺に遊ばれているとしか思えない
漏瑚。日下部・パンダコンビはどうするのか?

次回、呪術廻戦115話】を楽しみに待ちましょう。