呪術廻戦

呪術廻戦145話】ネタバレ・あらすじ!「裏」の感想も!

2021年4月12日に発売された週刊少年ジャンプ2021年19号に、呪術廻戦最新話【145話】の「裏」が掲載されました。

今回は、呪術廻戦最新話【145話】の「裏」のネタバレあらすじ感想をまとめていきます。

 

※ネタバレ注意です。

呪術廻戦の1巻から最新巻まで全巻無料で絵付きで読み返したい!と思ったことはありませんか?

こちらの記事では漫画「呪術廻戦」を無料漫画アプリや電子書籍ストアを使って全巻無料で読める方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください♪

関連記事:漫画『呪術廻戦』全巻無料で読める方法を紹介!

呪術廻戦【145話】の「裏」ネタバレ・あらすじ

前回のあらすじ

虎杖たちは高専に戻り、九十九とマキに合流。
天元に会うために薨星宮に向かう。
張相のおかげで辿り着いたのだが、そこは何もない空間…。
九十九は拒絶されていると思ったが、天元が現れる。

天元の答え

 

「私には挨拶なしかい? 天元」

九十九の問いに、君は初対面じゃないだろと答える天元。

薨星宮を閉じたのは、羂策(けんじゃく)と九十九が同調していることを警戒したようだ。

天元の言う「羂策」は、かつて加茂で、今は夏油の肉体に宿っている術師のことだと天元。

そんな中、虎杖は何でそんな感じなのか話を割って入った。

天元は不死であって不老ではないと、君も500年老いればこうなると答えた。

11年前に星漿体(せいしょうたい)との同化に失敗し、老化は加速した。

個としての自我はなくなり、天地そのものが私の自我となったという天元。

 

羂策の目的と、獄門彊の解き方を聞きに来たと、乙骨と伏黒が尋ねる。

天元は教える代わりに条件を1つ出してきた。

乙骨、九十九、張相のうち、2人はここに残り天元の護衛をするという条件。

護衛の機関や理由も話さず、その条件はフェアじゃないと九十九が言う。

天元は九十九の言ったことは無視して話し始めた。

 

「あの子の目的は日本全土を対象とした 人類への進化の強制だ」

天元が言うと、伏黒は具体的には何をするつもりなのかと聞く。

何故あの時、天元の結界を利用し「無為転変」で日本の人間を全員術師にしなかったのか尋ねる。

そうするには単純に呪力不足だと答えた天元は話をつづけた。

「羂策が取る進化手段は 人類と天元(わたし)の同化だ」

その答えに驚き、同化は星漿体にしかできないハズというが、今の私ならできなくもないと返ってきた。

 

自分と同化した人間は、術師という壁すら超えそこにいてそこにいない新しい存在の形になる。

結界術があったから進化後も形と理性を保っていると、天元は言った。

人類が進化して、その内の一人でも暴走を始めたら世界は終わりだと。

個としての境界がないため、悪意の電波は一瞬。

一億人分の穢れが世界に流れ出て、東京で起きたことが世界で再現される。

何の為にそんなことをするのかは、人の心までは分からないため天元でもわからないようだった。

天元が同化を拒否すればいいだけだと言うマキだったが、進化した天元は人間より呪霊にちかい。

「私は呪霊操術の 術式対象だ」

接触した時点で取り込まれるかもしれないから、本体は薨星宮ですべてを拒絶しているのだと。

それを聞いたみんなは驚いていた。

薨星宮の封印もいつ解かれるかわからない。

 

因果関係

 

何故今なんだと声を荒げる九十九。

「天元」と「星漿体」と「六眼(りくがん)」、これらはすべて因果で繋がっている。
羂策は過去に二度六眼の術師に敗れている。

二度目は徹底していて星漿体も六眼も生後一か月以内に殺したが、同化当日に星漿体と六眼が現れた。

その後、六眼持ちが同時に2人は現れないからと、抹殺ではなく封印をするため獄門彊の捜索をした。

しかし、11年前予期せぬことが起こる。

完全に呪力から脱却した存在の、禪院甚爾(ぜんいんとうじ)の介入だ。

そして呪霊操術を持つ少年。

意図せず獄門彊以外のピースが揃い、6年前には獄門彊も羂策の手に…。

 

死滅回遊が行われるのは、同化前の慣らしだと天元は言った。

星漿体以外との同化は不可能ではないけど、現時点では高確率で不完全なもの。

羂策も儀式を成立させるために“縛り”を負っている。

その一つとして死滅回遊の管理者(ゲームマスター)ではない。

羂策を殺しても死滅回遊は終わらない為、不利に働くと天元は言った。

“永続”のルールもあくまで儀式を中断させないための保険だと。

 

話を聞いた伏黒と乙骨は考えた。

ルールの中の1つである、ポイントを消費して管理者と交渉しルールを追加できるということ。

参加して、回遊を抜けるルールを追加するしかない。

伏黒は、五条の開放も並行しようと言った。

天元に話しかけようとした虎杖だったが、その前に誰が残るか決めてくれと言われてしまう。

「私 俺 が残ろう」

九十九と張相が自ら名乗り出た。

奴の命を絶つことが弟達の救済という張相と、話したりないという九十九。

乙骨も二人が残ることに同意する。

 

「…これが 五条悟の開放 その為に必要な 獄門彊「裏」だ」

空間から箱を取り出した天元。

しかし、あくまでも開門の権限は表の所有者の羂策にある。

こじ開ける為には術式を解除する「天逆鉾(あまのさかほこ)」か、術式を相殺する「黒縄(こくじょう)」が必要。

しかし「天逆鉾」は11年前に五条が封印したか破壊。

「黒縄」も去年五条が全て消してしまった。

天元がそう伝えると、虎杖と伏黒は先生にツッコミを入れていた。

 

最後の手で残っているのは、死滅回遊に参加しているプレイヤーの中の「天使」を名乗る千年前の術師。

彼女の術式は あらゆる術式を消滅させる

 

以上、呪術廻戦最新話【145話】の「裏」のネタバレでした。

 

呪術廻戦|最新話【145話】の「裏」の感想・考察

五条先生を助ける為の手段として出てきた来栖華(くるすはな)。
五条先生が復活できるかはこの人次第に!?
それにしても天元様までもが呪霊対象って結構ピンチですよね…。
来栖という人が味方になってくれればいいのですが…。
呪術廻戦は会話で進んでいることが多いので、漫画で見たほうが分かりやすいです。汗

あと、九十九も自分が拒絶されているとも考えていましたが、いらぬ心配でよかったですね。
次回も楽しみですね。

今回は、呪術廻戦最新話【145話】の「裏」のネタバレやあらすじ、感想をまとめました。

 

呪術廻戦の1巻から最新巻まで全巻無料で絵付きで読み返したい!と思ったことはありませんか?

こちらの記事では漫画「呪術廻戦」を無料漫画アプリや電子書籍ストアを使って全巻無料で読める方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください♪

関連記事:漫画『呪術廻戦』全巻無料で読める方法!違法なし

漫画を無料で今すぐ読める方法を紹介!

漫画サイトだと数ページ分や1冊が無料解放されていることもありますが、、、

「どうせなら漫画まるまる1冊無料で読みたい!」
「続きの2巻も読みたい」
「半額とかじゃなくて完全に無料で読む方法が知りたい!」

という場合はありますよね!どうせなら今すぐ無料で2巻、3巻、4巻、、、なんなら全巻無料で読みたい!

そんなあなたに”今すぐ“に”無料“で最新巻や最新話読めるサイトを紹介しています。

今すぐ無料で読めるサイトまとめ

管理人おすすめの電子書籍サービスTOP3選
  • コミック.jp

    コミック.jpは国内最大級の漫画配信サイトです。 とにかく漫画をお得に読みたい!という人にとっては、コスパが良いサイトになっていますよ♪ 6月1日までは無料お試し登録するだけでもらえるポイントが大幅アップ中⤴︎⤴︎の1350円分のポイントがもらえるキャンペーン中! もらえるポイントが圧倒的に多いので、とりあえず無料分だけ試したいという人には特にオススメです☆
  • まんが王国

    まんが王国は電子書籍サービスの中でも昔からある老舗のサイトです。 他のサービスとは異なり「漫画」に特化していて小説やビジネス書などは扱っていません。 まんが王国では月額料金は発生しないため、料金システムの理解が難しい、管理がめんどくさいという人向けのサービスです!
  • U-NEXT

    U-NEXTは国内で最大級の動画配信サービスとなっており、動画配信数は20万本を超えており見放題動画の配信数は国内No.1。(11月時点) さらに取り扱っている漫画や書籍などの電子書籍の配信数も57万冊以上! 読み放題の雑誌も80誌以上あり、ファッションやライフスタイル、ビジネス書、エンタメなどのジャンルが全部無料! メリット 見放題動画がVODサイトNo.1なので漫画を見た後もアニメや映画を視聴可能電子書籍は40%還元なので買えば買うほど安くなる アカウント4つまで作成可能なので友達や恋人ともシェアできる デメリット 月額料金が他サイトと比べて高い。(4人でシェアすれば実質約500円/月)