かぐや様は告らせたい

かぐや様は告らせたい(かぐ告)|最新話【188話】ネタバレ「四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編⓺」!

2020年8月20日に発売された週刊ヤングジャンプ2020年38号に、かぐや様は告らせたい(かぐ告)最新話【188話】の「四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編⑥」が掲載されました。

今回は、かぐや様は告らせたい(かぐ告)最新話【188話】の「四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編⑥」のネタバレあらすじ感想をまとめていきます。

※ネタバレ注意です。

かぐや様は告らせたい(かぐ告)|最新話【188話】「四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編⑥」ネタバレあらすじ!

前回のあらすじ

白銀父の一言から引っ越し物件を探すことになった会長。
四宮の近くに決めようとしていた時、藤原が邪魔をしに来る。
石上と藤原がヒートアップしていると、四宮が来た…。
不安そうに遠くに行っちゃうのか聞く四宮を見て、徒歩圏内だと伝える会長。
希望物件も決まり、不動産屋に連絡することに決めた白銀家だった。

石上、奮闘中

バレンタインも無事終わり、3学期後半。
3年生は卒業を目前に控え、自由登校になっている。

一方、在校生が待ち受けるものは『3学期学年末試験!』。
1年間の総決算ともいえる試験だ。
石上にとっても、この試験の結果は大きな意味を持っていた。
つばめ先輩と並ぶため、四宮との約束のため…。
この期末試験で50位以内に入らなくてはならない石上。

眼から血を吹き出しそうなほど悔しい思いをした石上は、数日後…。
ネトゲをやりこんでいた!

ゲームでキャラが死んでしまった後、石上は椅子に寄りかかり考えていた。
『次は絶対50位に入ってやりますよ!』
そう大見得を切ったのに…、自分の弱さに嫌気が差す石上。

「石上くん 勉強の方は捗ってる?」
四宮に聞かれ、勿論ですよと言う石上。
しかし、言いながらも石上はごまかしていることを思った。
「嘘です 全然できてません」
目の前の楽しい事ばっかに目が行ってしまっていることを、正直に話し出す石上。
「よく言えたわね」
正直に話した石上をほめ、頭をなでる四宮。
勉強が苦手な脳の人もいて、別のことが得意だったりもすると語りだす。
それでも石上は、良い成績を取りたいと告げる。

そんな石上に、四宮はタイマー式の電子錠前を渡した。
一度設置したら、5時間開かない設定になっている。
何もない部屋に設置して勉強すれば、物理的に意志の弱さが介入することもなくなる。
やるかやらないかは石上次第で、強制しないと言う四宮。

石上は何もない部屋にセットして勉強に取り掛かった。
(マジで勉強以外 する事がない というか出来ない これなら…!)

石上の努力

「先輩… ゲームがしたいです」
部屋から出た石上は、震えながら言いだしていた。
「石上くんのゲーム中毒も末期ね…」
生徒会室の中でだけはゲームしていいと、石上に言い出した四宮。
しかし、言語設定を英語でやれ…という条件付きだったのだ。

会長は、石上に仕事を回さないようにパソコンを使いだす。
伊井野も解き方を教えて、早坂はスマホをいじらないような工夫を提案。
藤原は、食べ飽きたチョコをあげていた。
石上は途中、四宮から渡された錠前でズルをしようと考える…。
(でも そこまで根性なしじゃあない)と、必死に勉強し続けた。

期末試験の結果が張り出され、石上は36位を獲得する。
順位を見て、石上はガッツポーズ。
四宮も石上の近くに寄ってきた。
「36位ですか 一応目標は達成ですね 私が付いていたのですから当然です」
口ではそんなことを言いながら、嬉しさに涙を流す四宮がいた。

以上、かぐや様は告らせたい(かぐ告)最新話【188話】の「四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編⑥」のネタバレでした。

かぐや様は告らせたい(かぐ告)|最新話【188話】「四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編⑥」感想!

今回は本編の裏の流れでしたね。
四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編も6話目でした。
石上は無事50位以内に入ることができましたね。
生徒会メンバーもみんなで見守っていてほのぼの。

ちなみに…、続けて読みたい場合は、
16巻に掲載の153話・154話・155話、
18巻掲載の177話、
19巻掲載の191話を見るといいですよ。

まとめ

今回は、かぐや様は告らせたい(かぐ告)最新話【188話】の「四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編⑥」のネタバレやあらすじ、感想をまとめました。