MENU
かぐや様は告らせたい

かぐや様は告らせたい(かぐ告)|最新話【192話】ネタバレあらすじ「秀知院は見送りたい」感想も! 

かぐや様は告らせたいの192話のネタバレとあらすじ、感想を紹介。

2020年10月1日に発売された週刊ヤングジャンプ2020年44号に、かぐや様は告らせたいかぐ告最新話192話の「秀知院は見送りたい」が掲載されました。

今回は、かぐや様は告らせたい(かぐ告)最新話【192話】の「秀知院は見送りたい」のネタバレあらすじ感想をまとめていきます。

※ネタバレ注意です。

かぐや様は告らせたい(かぐ告)|最新話【192話】「秀知院は見送りたい」ネタバレあらすじ!

前回のあらすじ

卒業式間近の学校では、石上への視線に変化が。
悪意があるものではないものに変わっていると感じる石上。
つばめ先輩の作戦が成功していたのだ。
嘘を嘘で上書きすると言う計画。
元々、嘘によって広められた石上の悪評は、石上に不都合がない嘘で上書きされていた。
既に噂は学園中に広まっていた。

卒業式当日

「例年卒業式の後に羽目を外す生徒は多い だが 彼らを取り締まるのはもう君たちの仕事だ」
後は頼んだぞと言われた後、伊井野と大仏は校門で話をしていた。
「きっとさ 先輩たちとは もう二度と会う事はないんだろうね」
大仏がそう言うと、伊井野は「悲しいこと言うんだね」と答えた。
そうかもしれないけど、ふんわり別れて二度と会わないより、ちゃんとさよならって思ったほうが良いと。
伊井野は少し考え、式が終わったら改めて先輩たちに挨拶行こうと大仏に言った。

卒業式。
校長先生の話が始まっていた。
「人と人の繋がりとはとてもか細いものなのです
だからこそこの学園で大事な人を見つけたらその繋がりを どうか手放さずに」

式が終わった後、石上はTG部を発見する。
「絶対イヤだ!メガ子!なんで卒業すんのさ!」
「今からでも留年しましょうよ」
そんな藤原を見て、石上は無茶苦茶な要求しとると心の中でツッコんだ。
しかし、メガ子は「流石に3年生を3回目はね」と言っていた。
石上はさらにツッコミ、何も知らずにツッコんだ自分が恥ずかしいと思った。
さらに、大会に向けて毎日FPSやりこんで、「てっきり今年もダブルものだと」と言われているのを聞く。
石上は理由が他人事じゃないと感じた。
(卒業する人だけど 話してみたら意外と仲良くなれたのかもな…)
そう思った石上だったが、メガ子が春からプロ入りで、就職先もゲームチームということがわかる。
(仲良くできるとかじゃなくて崇拝の対象だわ!もっと早く知りたかった!)
石上は驚きの目でメガ子のほうを見て、なんで卒業間際にその情報…と感じていた。
さらに、スポンサーがついていておじいちゃんが好調という情報も出てきた。
(情報の洪水でアタマ追いつけねえよ!)
石上は心の中でツッコみ、藤原が常識人かと錯覚するほどだった。

それぞれの別れ

新聞部も先輩から後輩へ、生徒会室でも元会長の見送りが始まっていた。

石上は団長を見つけ、声をかけた。
団長は第二ボタンが欲しいのかとYシャツのボタンを上げようとするが、石上は断った。
笑いながら話した後、団長は少し黙り込み石上に言った。
「石上 悪かったな 俺は何も出来なかったなと思って」
先輩としてやれることがあったと思うと、申し訳なさそうに言う団長。
石上はそれを聞いて驚く。
「何言ってんスか 団長僕の事ずっと気にかけてくれてたじゃないっすか それ どんだけ 救われたか」
石上は涙目になりながら、照れ隠しでもそんなこと言わないでくださいと、団長に言った。
「…そっか そうか!」
団長は嬉しそうに言う。
「団長!ご卒業おめでとうございます!」
石上はお礼を言いながら頭を下げ、大きな声で叫んだ。

石上は自分が卒業式で泣くなんて、3年前の自分が見たら笑うんだろうなと思った。
(さて 今日の分の涙は流した これからどういう答えが待っていようとも 泣くことはない)
石上は涙を拭き、つばめ先輩の待つ桜の木の下へ向かった。

以上、かぐや様は告らせたい(かぐ告)最新話【192話】の「秀知院は見送りたい」のネタバレでした。

かぐや様は告らせたい(かぐ告)|最新話【192話】「秀知院は見送りたい」感想!

TG部に凄い人が隠されていましたね!笑
卒業式に凄い情報が盛りだくさんでした!
今回は石上が中心に進んでいきましたね。
情報の洪水や、団長との別れ、そしてある意味メインイベントのつばめ先輩の答え…。
つばめ先輩がなんて答えるのか、気になっちゃいますね!

まとめ

今回は、かぐや様は告らせたい(かぐ告)最新話【192話】の「秀知院は見送りたい」のネタバレやあらすじ、感想をまとめました。