MENU
MAO

MAO(マオ)|漫画 最新話【55話】ネタバレあらすじは?「御降家の女」の感想と考察も

2020年7月29日の週刊少年サンデー2020年35号でMAOマオ)の55が掲載されました。

本記事はMAO最新話【55話】のネタバレあらすじ感想をまとめた記事になります。

MAOの最新話・最新刊を無料で読む手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②最新刊 → ゲットしたポイントで「MAO」を1冊分無料で読む
②最新話 →ゲットしたポイントで「少年サンデー」最新刊を読む
③関連作や他のアニメの見放題動画を視聴

\漫画1冊が無料で読める/

※31日以内に解約すればお金はかかりません

漫画・MAO(マオ)を今すぐ全巻無料で読む方法を調査した結果

MAO(マオ)|漫画 最新話【55話】「御降家の女」のネタバレあらすじは?

偽の御降家

白眉が御降家の噂を聞いたのは、

徳川の治世が終わりかけの頃。

滅びたはずの御降家を名乗る者が、

延命や呪詛の仕事を行っているらしい…

 

白眉は御降家をかたる偽物と考え、

探して殺すつもりだった。

やがて御降家の北の浜に結界の社を見つけた。

結界は迎え入れるように通り抜けられた。

 

その先には、

 

黒い禍々しい邪気を放つがいた…

 

白眉の思惑

対峙する白眉と摩緒。

摩緒には白眉の話の意図が分からない。

幽羅子に会ったことを指摘される摩緒。

そこへ話が読めない百火が横やりを入れる。

 

白眉は威嚇するように刃の檻を狭めた。

“あれ”は、きさまが思っているような女ではない、と言う白眉。

彼は会わせてやるから自分で確かめればいいと促す。

 

摩緒を囲っていた刃が変形して突き刺さる!!

 

生け捕りにして連れて行くと言う白眉。

目的は、“泰山府君の秘法”…

鉄の刃を溶かし突撃する摩緒。

左腕から無数の刃を飛ばす白眉。

 

摩緒は地面に落とされ何か所も貫かれている!!

 

囲いの中から摩緒を呼ぶ百火。

不知火の言葉を思い出す白眉。

摩緒には猛毒の猫鬼の血が流れている。

七尾の摩緒と白眉

刃の山から七尾の姿が現れる!!!

それに驚く百火。

彼は摩緒の七尾姿を知らなかった…

 

白眉の鉄の針を焼き溶かす摩緒。

鋭い爪で白眉を襲う。

白眉は鉄の帯で反撃するが摩緒には全く効かない!

 

他の攻撃も効かないと分かった白眉は、猫鬼の力を認識した。

彼は猫鬼化した摩緒を“陰陽師の敵”と判断し「成敗する」と宣言した…

MAO(マオ)|漫画 最新巻・最新話を無料で読む方法を紹介

ネタバレはわかったけど、絵がないと寂しい。物足りない。

やっぱり文字だけじゃなくて絵付きで見たい、読みたくなった!

という方にオススメしたいのがU-NEXT

 

以下にU-NEXTを使ってMAOを無料で読む方法をご紹介します!

U-NEXTの600ポイントを利用して、MAOの最新巻4巻を読むことができ、最新話である56話は少年サンデー36・37号を購入することで読むことができますよ!

MAOの最新話・最新刊を無料で読む手順

U-NEXTの31日間無料体験に登録
②最新刊 → ゲットしたポイントで「MAO」を1冊分無料で読む
②最新話 →ゲットしたポイントで「少年サンデー」最新刊を読む
③関連作や他のアニメの見放題動画を視聴

\漫画1冊が無料で読める/

※31日以内に解約すればお金はかかりません

漫画・MAO(マオ)を今すぐ全巻無料で読む方法を調査した結果

MAO(マオ)|漫画 最新話【54話】「白眉」の感想・考察

前回最後の疑問点である“偽の御降家”を語るシーンから始まりましたね。

白眉自身が“偽物”と考えて近づいた結界の社には、懐かしい邪気を持った“御降家の女”がいました。

それはどうも“幽羅子”のようです。

紗那と同じ面差しの幽羅子…

しかし白眉は「摩緒が思っているような女ではない」と告げています。

菜花が出会った時の雰囲気でしょうか?

いえ何かもっと禍々しいものをその身に隠しているのでしょうか?

平安時代の“紗那”は澄んだ気をまとっていましたが、

その身に“呪い”を潜めていましたよね。

そして白眉も「黒い禍々しい邪気」を「懐かしい」と言い、

“まぎれもない 御降家の女”と表現しています。

平安時代に多くの呪詛を担っていた白眉だからこそ、紗那の真の役割や邪気を

知っていたのではないでしょうか。

そしてまた、あの疑問に戻っていきます。

「紗那と幽羅子は同一人物なのか?」

さらに深読みすると、

不知火が求めている“泰山府君の秘法”は、紗那のために必要なのではないか?ということです。

紗那は平安時代に死んでいる、と猫鬼は語っていました。

しかし陰陽師の秘法を使えば、魂を他の器に移す事ができたかもしれません。

師匠は亡くなりましたが、兄弟子には白眉のように優れた術者がいたと思われます。

あるいは、死んでも何らかの形で生き返るように仕組まれていたか?

陰陽師と言えば、「安倍晴明」!

 

母親が狐であったと言われ現代まで語り継がれる逸材の彼であれば、成しうる業ではないでしょうか?

タイムスリップしてでも彼に会ってみたいです!!(イケメン希望!)

次に考えたいのは「七尾」(猫鬼の体)の力についてです。

多様な刃物を繰り出す白眉の攻撃を爪の一振りで無効にしたり、体自体傷つかなかったりしましたね。

 

金属に対し猫の体が勝っているのが納得できませんが、最凶の蟲毒という存在なので凌駕しているのかな?

またしても連想するんですが、「七尾」なら「九尾」の方が上なのか?

「猫」に対して「狐」であるナルトの尾獣「九尾」を思い出してしまいました!「尾」が多いほど強いはず。

種類もデカさも違うのに比べたくなりました。(笑)

話を戻します。

今回のラストで、白眉が「猫鬼」に対して異常に反応していましたね。

「御降家」だけではなく、「陰陽師」の“敵”だと断言しました!

「生け捕りで連れて行く」と言っていた摩緒が「成敗する」対象になっています。

 

そこにはどんな理由が隠れているのでしょうか??

呪符も構えているので、次回は「陰陽師」本来の闘いが見られるのかな?めちゃめちゃ楽しみですっ!!

以上、MAO最新話【55話】「御降家の女」のネタバレ・あらすじと感想を紹介しました。

コミック全巻大増刷!!!だそうです。

まとめてコミックで読むのも読み応えがありますよね。

自分は「犬夜叉 完結編」の方を買ってしまいました!

高橋ワールド・ラヴで~す!!