MENU
死神サイ殺ゲーム

死神サイ殺ゲーム|最新話【24話】のネタバレ・あらすじ!「EXゲーム②偽物の証」の感想も!

2020年6月3日発売日の週刊少年マガジン2020年27号に死神サイ殺ゲームの最新話【24話】の「EXゲーム②」が掲載されました。

残り5分となった。谷津田と姫乃に「偽物」と言う目が向けられるなか、神沢は死神の舌の能力を使って真偽を確かめることになった。はたして「偽物」はどっち?

最新話24話】の「EXゲーム②偽物の証ネタバレあらすじ感想考察まとめた記事になります。

*ネタバレ注意

死神サイ殺ゲーム|最新話【221話】の「EXゲーム②偽物の証」ネタバレ・あらすじ!

前回、ルシフェルから偽物を見つけるゲームの開始を告げられ、否応なしに、それぞれが、席につき、サイコロをふらされた6人だったが……。

谷津田か姫乃か

サイコロをふり、死神の能力のうち、「耳」の能力を獲得した三条が、最初から「偽物」と言われていた姫乃。6人それぞれの意見も対立するなかで、いっこうに埒があかない。

 

そうこうしているうちに残り5分となり、結局、谷津田と姫乃が「偽物」ではないかという2択になった。

 

谷津田は「違う」と言い、姫乃もまた、自分ではないと言い切る。

神沢の判定

残り5分。最終決定は神沢に託された。

死神の能力のうち、「舌」の能力を獲得していた神沢は疑いのかかった谷津田と姫乃と他の3名の前で

たった1つの質問でわかります」といった。

 

すると神沢は、右手に姫乃、左手に谷津田の手をとった。

3人で手を繋ぐ形になったところで、神沢の質問が出される。

 

「他の5人を救うために、自分の命を犠牲にしますか?」

 

この質問に不意をつかれたような表情をする谷津田と姫乃。他の3人も神沢の質問に、腑に落ちない様子を見せる。

そこでまず口を開けたのは谷津田だった「絶対にお断りです」

強い口調で言い切る谷津田。その様子に見ていた3人の表情も固くなる。

姫乃の選択

姫乃の隣で確固たる答えを口にした谷津田。姫乃は神沢から手を離して、片手を口元に、
もう片方の手を胸にあて、おどおどしながらも「YES」と答えた。

 

その表情は谷津田と同じように固い意志を漂わせていた。

結果

二人の答えが出そろった。

三条は「自己犠牲できる方が本物っこと?」と神沢をつつく。

すると、神沢からは思いがけない返答があった。

 

神沢のこの質問は、死神の舌を使ったものではない、「何の意味もない」
質問だと言った。

神沢が今回の質問をすることになった理由。それは、平田の疑問からだった。

平田の疑問は「偽物はその人物の癖や行動パターンもコピーしているのか?」というものだった。

 

神沢はその疑問を利用して、今疑惑のかかっている谷津田と姫乃に、
罠をしかかけたのだ。

 

それこそが神沢と握られた二人の「

 

谷津田は神沢の手を離さなかったが、考え事をするとき、必ず手を口元に当てる癖がある姫乃は神沢から手を離していた。

神沢は、この「癖」もコピーされているだろうと予測したところ的中。

 

しかしそれこそが自分が本物と言う証拠だと言う姫乃。

 

だが、最後。神沢は「そのコピーはやり過ぎなんです」と言う。

その理由は、姫乃は神沢のことが好きだから、神沢が握りしめた手を自ら離すなんてことは絶対にしない。というものだった。

これは「感情」よりも「癖」のコピーを優先したことで起こったミスという事で、
姫乃が「偽物」という答えが導き出された。

偽物の末路と次のお題

神沢の答えのすぐあと番人からタイムアップの声がかかった。

6人は誰が「偽物」かサイコロの目をだして示した。

6の目に5票 3の目に1票

 

姫乃が「偽物」に選ばれた。

選ばれた姫乃はアイアン・メイデンに引きずり込まれ、断末魔を上げる。

 

もしも間違っていたら…。と息を飲む神沢。

だが、アイアン・メイデンから出てきたのは姫乃に化けていた化物だった。

ゲームに勝利した5人と閉じ込められていた本物の姫乃はそろって最終決戦へ挑むことになる。

最終決戦。ラストゲームは島全てを使った「パトルロイヤルすごろく」

死神サイ殺ゲーム|最新話【221話】の「EXゲーム②偽物の証」感想・考察!

なかなか言えませんよね「僕のこと好きだから、絶対手を離さない」なんて。

でも、さすがの神沢でした。キッチリ正解して姫乃を助けだしましたね。

前回ではあきらかに三条は私怨で姫乃を「偽物」だと言っているのでは?と思っていましたが、ちゃんと死神の能力使ってたみたいですね。

 

それに平田の疑問もよかった。こういう場合1人は冷静に物事を見極められる人物がいるのは大事ですね。この疑問のおかげで神沢は答を出すことができたわけですから。

 

神沢は死神の能力を使わなくてま問題解決できたようですが。

そして次の舞台は「島バトルロイヤルすごろく」すごい!

ここでは6人にあと6人加わって12人でのバトルとなるようですが、ただのすごろくでは終わらないでしょう。

まとめ

島を使ってたすごろくバトルロイヤル。はたして勝者は誰になるのでしょうか。

次回週刊少年マガジン28号を楽しみに待ちましょう。