東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ|最新話【171話】ネタバレ・あらすじ!「Showdown at the summit」の感想考察も! 

2020年8月26日に発売された週刊少年マガジン2020年39号に、東京卍リベンジャーズ最新話171話の「Showdown at the summit」が掲載されました。

今回は、東京卍リベンジャーズ最新話【171話】の「Showdown at the summit」のネタバレあらすじ感想考察をまとめていきます。

※ネタバレ注意です。

東京卍リベンジャーズ|最新話【171話】「Showdown at the summit」のネタバレ・あらすじ

前回のあらすじ

来てくれたマイキーとドラケン。
不安が残る武道だったが、いつも通りのマイキーに喜びを隠せない。
マイキーとドラケンは、喧嘩するために来てくれていたのだ!
そんな二人を見て、イザナは面白くなさそうだ。
マイキーに向かい、強烈な蹴りをくらわせたイザナ。
兄弟対決が今始まろうとしていた…。

頂上対決!

「カタつけようぜ兄貴(イザナ)
イザナに向かい言うマイキー。
「…… どーやって立ち直った?」
イザナはマイキーが立ち直っていることが気になっていた。
にらみ合う二人。
東卍と天竺の頂上対決が始まる。

「「未来から来た」…か ウソみてぇな話だけど 信じるよ」
ずっと必死なおまえを見てきたからとドラケンが、武道に言った。
「オレとマイキーがオマエの両腕になってやる」
そういうと、武道にやるべき事を成し遂げろと伝えた。
武道は、ドラケンがそう言ってくれたことで胸が鼓動した。

そんな時、マイキーが動き出していた。
急速な蹴りを繰り出しイザナにくらわせた。
イザナはガードしているけど、痺れてしまう威力のマイキーの蹴り。
「すげー蹴りだね!!マイキー!!」
そのまま喜びながらマイキーに近づくイザナ。

体勢は崩れたままだが、マイキーはまた蹴りをくらわせた。
「崩した体勢からでもこの威力!? やべーな!!」
イザナはガードしながらも笑いながら言っていた。
さらにマイキーは飛び蹴りをくらわせる。

イザナの圧倒的戦才(センス)!

しかし、イザナはポケットに手を突っ込んだまま、脚でマイキーの蹴りをガードした。
後ろへ飛ばされたマイキー。
「天性のバネとバランス感覚! “無敵”と謳われるだけはあるな」
笑みを浮かべながら言うイザナ。
マイキーの蹴りが止められたのを見ていた武道は、やっぱり強いと少し焦ったように見ていた。

「いーねー 久々に気圧(テンション)が上がる」
楽しそうに言うイザナ。
再びマイキーは飛びながら蹴りを繰り出そうとしたが、カウンターをくらってしまう。
蹴られて後ろへ吹き飛んだマイキー。
武道はそれを見て驚いている。
「でももう見切っちまった」
東卍メンバーも、今までこんな姿見たことないと驚いている。

「圧倒的戦才(あっとうてきセンス)! それこそが黒川イザナの魅力(カリスマ)!!」
天竺メンバーは尊敬のまなざしで喜んでいる。

「計画が狂っちまった以上しょうがねぇ 殺してやる」
暴力(チカラ)ですべてねじ伏せてきたというイザナは、真顔に戻りそう言った。
武道はマイキーがきてくれたのに、負けるわけないと焦りながらもマイキーを見ていた。

マイキーはそれでもイザナに向かい、蹴りを繰り出す。
見切っちまったって言っただろと言いながら、カウンターをくらわせるイザナ。
顔にパンチをくらいながらもマイキーはイザナに問う。
「一つ聞かせろ なんで妹(エマ)を殺した?」

以上、東京卍リベンジャーズ最新話【171話】の「Showdown at the summit」のネタバレでした。

東京卍リベンジャーズ|最新話【171話】「Showdown at the summit」の感想・考察

イザナ強すぎて、マイキーでさえ太刀打ちできない?汗
次回、エマを殺した理由をイザナが言うんですかね?
その答えによってマイキーの強さが段違いに変わる気もしますが…。

ドラケン、武道が未来から来たと言うのを信じてくれているのですね。
しかも、マイキーと一緒に武道の両腕になるって言ってくれています!
今回を切り抜けることができたら、いろいろなことがうまく進んでくれそうですね。

今回は、東京卍リベンジャーズ最新話【171話】の「Showdown at the summit」のネタバレやあらすじ、感想や考察をまとめました。