東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ|最新話【176話】ネタバレ・あらすじ!「What was been left」の感想考察も! 

東京卍リベンジャー ズの176話のネタバレとあらすじ、感想を紹介

2020年9月30日に発売された週刊少年マガジン2020年44号に、東京卍リベンジャーズ最新話176話の「What was been left」が掲載されました。

今回は、東京卍リベンジャーズ最新話【176話】の「What was been left」のネタバレあらすじ感想考察をまとめていきます。

※ネタバレ注意です。

東京卍リベンジャーズ|最新話【176話】「What was been left」のネタバレ・あらすじ

前回のあらすじ

イザナが構えていた銃を弾き飛ばした鶴蝶。
泣きながら天竺の負けと、イザナを止める。
生きる価値をくれたイザナのみっともない姿を、これ以上鶴蝶は見たくなかった。
イザナはうるさいと、鶴蝶をどけようとする。
そんな時、鶴蝶は稀咲によって撃たれてしまったのだった…。

稀咲暴走!

「カクちゃん!!!」
鶴蝶が撃たれてしまい、武道は叫んだ。
鶴蝶は自分の撃たれた肩を触る。
触った手には血がべったりと付いていた。

「何度も何度もくりかえし… 考えた計画も花垣につぶされた」
稀咲は銃を構えたまま、「マイキーが使えなくなった今イザナを媒体にするしかなくなった」と言った。
鶴蝶 テメェはジャマなんだよ
睨みつけながら稀咲は言う。
鶴蝶は叫びながら稀咲に向かって走っていく。
「死ね」
稀咲は再び、鶴蝶に向けて3発弾を放った。

しかし、弾を受けたのはイザナだった…。
銃が撃たれた瞬間、イザナは鶴蝶を突き飛ばし身代わりになっていたのだった。
鶴蝶の代わりに3発の弾を撃ち込まれてしまったイザナ。
それを見ていた武道やマイキー、天竺のメンバー、東卍メンバーは驚いている。
撃った稀咲でさえも驚いていた。
鶴蝶の横に倒れるイザナ。

イザナの思い…

「なんでっ…なんで…イザナ(テメエ)が… 下僕をかばう!!?」
稀咲はイザナの行動に驚き、取り乱している。
かばわれた鶴蝶も驚き、横に倒れているイザナに声をかけた。
「テメェ…何やってんだよ…」
イザナは身体を仰向けに変え、血を吐きながら言った。
…ったくよ 下僕のクセに手がかかる… 体が勝手に動いちまった
稀咲は自分のしてしまったことに力が抜け、座り込んでしまう。

「マイキー …オマエに話しておきたい事がある」
イザナに言われ、近くに行くマイキー。
「天竺の負けだ」
マイキーはイザナの名前を口にし、イザナを見ている。
「ふざけんなっ オレが言うのはいい オマエがそれを言うな!」
鶴蝶はイザナに泣きながら話しかけた。
わけわかんないというイザナに、鶴蝶は何でかばったんだと涙ながらに言う。
「オマエは王だ オレをゴミのように捨ててでも オマエの時代を創らなきゃいけないんだ!!」
それが王だろ…と、泣きながら鶴蝶は続けた。
「…“オレら”の時代…だよ」
イザナは少し無言の後、鶴蝶に向けて言った。
「ゴメンな鶴蝶 …でもオレには オマエしかいないから
笑いながら言うイザナを見て、鶴蝶の涙は溢れだしていた…。

以上、東京卍リベンジャーズ最新話【176話】の「What was been left」のネタバレでした。

東京卍リベンジャーズ|最新話【176話】「What was been left」の感想・考察

マイキーが使えなくなったから、イザナを媒体にするしかないと言った稀咲。
稀咲は鶴蝶を確実に消すつもりで銃を3発も撃ち込みました。
しかし、弾を受けたのはイザナ!?
鶴蝶を突き飛ばして、身を挺してかばったイザナ…。
イザナなりに鶴蝶を大事にしていたのですね。
笑顔でお前しかいないからと言ったイザナは涙モノでした。泣

それにしても、稀咲は毎回ロクなことしないですね!
イザナしかいなくなったと言いながら、自分でイザナに手をかけてしまいなだれ落ちていましたが…。
鶴蝶は1発だけではあるけど、さすがに3発も喰らってしまったイザナはもう・・・。
天竺の負けと言われましたが、何とも言えない結末になってしまいましたね…。

今回は、東京卍リベンジャーズ最新話【176話】の「What was been left」のネタバレやあらすじ、感想や考察をまとめました。